太陽最終話 相合傘

突然の雨にも、フォーマは私に笑顔を向ける。

フォーマ「良かった、傘を持ってきて」

フォーマは持っていた傘を、私の方へと傾けてくれる。

○○「ビニール傘?」

フォーマ「ああ、僕のお気に入りの傘なんだ。光が入ってきて、雨も楽しめる」

(そう言われたら……そうかも)

私はビニール越しから雨を眺め、こんなに美しいものだったかと思わずため息が漏れた。

(あれっ……)

フォーマの左肩を見ると、雨でずぶ濡れになってしまっている。

○○「そんなに私の方に傘を向けたら、フォーマが濡れちゃうよ」

フォーマ「僕はいいよ」

そう言ったそばから――

フォーマ「く……っ」

フォーマが小さくくしゃみをした。

○○「フォーマ、大丈夫?」

フォーマ「ああ、大丈夫だよ」

(このままだとフォーマ、風邪を引いてしまう……)

少し離れた場所に、出店を見つけた。

○○「私、あそこの店で傘を買う」

私達は、店に向かって歩きはじめる。

その際も、フォーマは私をかばうように傘を傾けた。

○○「フォーマ、もっと傘の中に入って」

フォーマ「大丈夫だよ」

私は、無理矢理傘をフォーマの方に傾けようとした。

フォーマ「そんなに傾けたら、○○が濡れるだろう」

○○「私は大丈夫だから」

そのまま、フォーマと傘の譲り合いが続いてしまい――

フォーマ「ああ、じゃあ……」

フォーマが私の体をぐっと引き寄せた。

私は、フォーマの胸に顔をうずめるかたちになる。

○○「……!」

フォーマ「こうすれば、二人とも濡れない」

○○「う、うん……」

耳元でフォーマの鼓動が聞こえてくる。

その鼓動は、心なしか速い気がした。

フォーマ「店に着くまでだから……我慢して」

(我慢だなんて……)

ずっとこのままの状態が続いたらいいのに――私は密かにそんなことを思ってしまった。

……

私達は店に行ったが、既に全ての傘が売り切れてしまっていた。

(せっかく来たのに……残念)

○○「あれっ……」

店の外を見ると、雨脚が弱くなっていた。

フォーマ「小雨になってきたね。これなら、一本の傘で大丈夫そうだ」

店の外へ出て、私達は一本の傘で駅まで歩くことにした。

……

駅までの道のり――。

一本の傘の中に、フォーマと私が入って歩く。

さっきのことを思い出し、私は思わず頬が熱くなってしまった。

フォーマ「……○○、今日はすごく楽しかった」

○○「私も、すごく楽しかった」

すると…―。

コツンと、一つの傘の下で額が優しくぶつかり合う。

フォーマ「最後は雨に降られたけど、結果的にはよかったというか……僕的にはラッキーだった」

○○「えっ……?」

フォーマ「○○とこんな近くにいられるからさ……」

フォーマの優しい、穏やかな眼差しが私に向けられている。

○○「フォーマ……」

フォーマ「……」

私達はしばらく見つめ合った。

二人以外の時が止まったかのように、辺りは静寂に包まれている。

○○「……私も」

そうつぶやいた直後、フォーマは私の唇を塞ぐ。

傘が、雨粒を優しく弾く。

周りに咲く紫陽花が、その雨を受けて瑞々しく輝いていた…―。

おわり

<<太陽5話||太陽SS>>