太陽SS お気に入りの傘で

薄い灰色の雲に覆われていた空が急に暗さを増していき、たちまち空に厚い雲がかかると、大粒の雨が降り出した…―。

(やっぱり、雨が降ったか)

僕は、お気に入りのビニール傘を広げて○○と肩を並べて歩く。

雨は、傘の上にリズムよく降りそそぐ。

(こんなに穏やかな時間は、久しぶりだ……まるで、この世に毒なんかないかのように思える)

もう少しだけ、この瞬間に浸っていたいと感じていたけれど…―。

○○「そんなに私の方に傘を向けたら、フォーマが濡れちゃうよ」

○○は、僕が雨に濡れてしまっていることを気にしていた。

(相変わらず、○○は優しい。でも、僕はこのままでいたいんだけどな……)

フォーマ「……!」

(鼻が……ダメだ、くしゃみなんかしたら……○○はますます気にしてしまう)

フォーマ「く……っ」

我慢をしていたのに、くしゃみがでてしまった。

○○「フォーマ、大丈夫?」

○○が、僕の顔を覗き込む。

フォーマ「ああ、大丈夫だよ」

平気なふりを装ったけれど、○○は僕のことを心配そうに見つめている。

○○「私、あそこの店で傘を買う」

(……やっぱり、そうなるよな)

○○の優しさは嬉しいけれど、すぐ傍に彼女を感じられなくなるのはとても残念だと思った。

○○「フォーマ、もっと傘の中に入って」

フォーマ「大丈夫だよ」

○○は、僕の方に傘を傾けようとした。

フォーマ「そんなに傾けたら、○○が濡れるだろう」

○○「私は大丈夫だから」

傘を譲り合って、余計に肩が濡れてしまう。

(僕なんかいいのに……それより、○○が風邪を引いたら悲しい。そうだ……!)

僕は、この状況を最大に生かす方法を思いついてしまった。

フォーマ「ああ、じゃあ……」

(僕らしくないかも知れないけれど……)

○○「……!」

○○の肩を、引き寄せて抱きしめる。

フォーマ「こうすれば、二人とも濡れない」

○○「う、うん……」

(心臓の音が……うるさいな。これは、○○にも聞こえている……のか?)

フォーマ「店に着くまでだから……我慢して」

(本当はこのままでいたい……店に傘なんてなければいいのに)

○○には申し訳ないと思いつつ、僕はそう願ってしまう。

○○「えっ、売り切れですか……」

店主「申し訳ありません……」

店に置いてあった傘は、全て売り切れていた。

(よし……!)

思わず拳をぎゅっと握りしめ、掲げてしまいそうになる。

(願いが叶った……あ……でも……)

窓の外を見ると、雨は今にも止もうとしていた。

(どうか、止まないでくれ……)

駅までの道のり…―。

一つの傘の中、僕は○○と並んで歩く。

(もっと○○に近づきたい……)

フォーマ「……○○、今日はすごく楽しかった」

心の声が、思わず口からこぼれてしまった。

(……って、唐突に言われても困るよな)

○○「私も、すごく楽しかった」

僕がつぶやくと、○○は楽しそうに笑ってくれる。

(○○……)

僕は、彼女の額に自分の額を重ねる…―。

(こんな行動をするなんて、僕じゃないみたいだな……でも、こんな僕にしたのは……○○だ)

フォーマ「最後は雨に降られたけど、結果的にはよかったと言うか……僕的にはラッキーだった」

○○「えっ……?」

フォーマ「○○とこんな近くにいられるからさ……」

○○「フォーマ……」

(不思議だ、僕が誰かの近くにいたいと思うなんて……こんなことを思うのは、○○以外にいない……)

辺りは、まるで時が止まったように静かで…―。

フォーマ「……」

周りに咲き誇った紫陽花が、雨を受けて楽しそうに揺れている。

○○「……私も」

穏やかなこの瞬間を愛おしく感じながら、僕は彼女の唇を塞いだ…―。

おわり

<<太陽最終話||月覚醒へ>>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする