第2話 運命の告白

太陽の光が、きらきらと草花を彩っている。

目覚めたジークさんに手を引かれるまま、私は城へとやってきていた。

城の人達は皆、ジークさんの帰還に驚き、喜びに溢れていた。

(ジークさん……)

―――――

ジーク『あなたこそが、運命の人……! どうか、私にあなたへの忠誠を誓わせてください。ダイヤモンドの乙女よ』

―――――

(忠誠って? それに、ダイヤモンドの乙女って?)

頭の中がそのことでいっぱいになり、私は一人空を仰いだ。

ジーク「どうかなさいましたか?」

〇〇「い、いえ」

ジーク「お顔の色が宜しくないようですね……ハーブティーでもご用意致しましょう」

〇〇「あ……ありがとうございます」

ジークさんは、丁寧にお辞儀をしてくれる。

艶やかな黒髪が流れるように頬を滑り落ちた。

(一つ一つの仕草が、とても綺麗な人)

思わず見惚れてしまっていた私に、ジークさんは優雅に微笑んだ。

ジーク「さあどうぞ」

風のよく通る部屋へ案内されると、私は引かれた椅子に腰をおろす。

注がれたハーブティーを手に、美しい庭を見渡した。

すると……

ジーク「先日のお返事、考えていただけたでしょうか?」

ジークさんが私の前でかしずき、柔らかな表情で見上げている。

―――――

ジーク『どうか、私にあなたへの忠誠を誓わせてください。ダイヤモンドの乙女よ』

―――――

(あの返事のこと?)

突然の申し出を思い出し、頬が熱くなる。

〇〇「あの、忠誠っていったい……?」

ジーク「……いつでもあなたの傍にいて、あなたをお守りする許しが欲しいのです」

ジークさんの柔らかく静かな瞳が、問い返すように私を見つめる。

〇〇「ごめんなさい。でも、突然でよくわからなくて」

ジーク「いえ……こちらこそ、急な申し出で困らせてしまいましたね」

真っ直ぐに見つめるジークさんの瞳は、息を飲むほど綺麗だった。

〇〇「でも、どうして私なんですか?」

ジーク「どうして……とは? また、変なことを仰る。 その美しい瞳、優しい表情……これほど魅力的な方を私は他に知らない。 目覚めて一目見た瞬間、私はあなたに心を奪われたのですよ」

こんな言葉を言われる日が来るなんて、思ってもいなかった。

けれどその言葉に、嘘偽りはかけらも感じなくて…―。

〇〇「ジークさん……」

真摯に紡がれる言葉に、自分でもわかるほどに顔が赤くなってくる。

ジーク「私は信じております、これが運命であると……」

ジークさんの言葉が、まるで美しい音楽のように私の胸に響き渡っていった。

<<第1話||第3話>>