第4話 お城のリカ・街のダーク

リカさんにこの国に招待された私は、数日間城にお世話されることになった。

けれど…―。

リカ「そうか……じゃあ、ゆっくり過ごせよ。俺には決まった予定はないからいつでも付き合ってやる」

そう言ってたリカさんは、毎日街へ行っているようで、城にはほとんどいなかった。

明るい陽射しが降り注ぐ中、中庭に出てみると……

(あ……)

リカ「……」

リカさんが、ベンチにひとりで座っていた。

気だるそうにため息を吐いて、空を仰ぎ見ている。

(リカさん……?)

その瞳が寂しそうに揺れた気がして、なぜだか胸が詰まった。

〇〇「リカさ…―」

兵士「リカ様、先日の市内警備の件ですが……」

声をかけようとしたとき、城の兵士さんがリカさんのもとへとやってきた。

リカ「……どうだった?」

兵士「リカ様のご提案の通り、見回りのルートを変えましたら、先日の犯人も無事捕えられました!。 街の者達も感謝しているようです。さすが、リカ様です」

リカさんを前にして、尊敬の眼差しを兵士が浮かべている。

(リカさん、お城の人達に敬われてるんだ)

リカ「そうか、それは良かった」

リカさんがかすかに笑う。

その顔は、凛とした王子様らしい顔つきだった。

(あんな顔もするんだ……)

柱の影からその様子をうかがっていると……

リカ「……」

こちらに気づいたリカさんが私を見て、眉をひそめた。

(え……)

リカさんは兵士さんに手を上げて軽く挨拶をすると、こちらへ大股でやってくる。

リカ「……」

(立ち聞きしてたこと、怒ってる……?)

不機嫌そうなリカさんの表情に、身を固くしていると…―。

リカ「おい、お前、今日暇か?」

〇〇「え?」

そう、リカさんに問われて……

〇〇「はい、特に予定はないです」

そう言うと、リカさんが少しだけ笑ってくれた気がした。

リカ「ならすぐに出掛ける準備をしろ、街に出たい。 天気いいし、城の中いても暇だろ」

(よかった……怒ってたわけじゃなかったんだ)

安堵でほっと息を吐く私を見て、リカさんが怪訝そうな顔をする。

リカ「何だよ」

〇〇「い、いいえ」

リカ「行くぞ」

私はリカさんに半ば強引に誘われて、ショコルーテの城下町へ出掛けることにした…-。

ショコルーテの街は、今日も甘い香りを漂わせながら、賑わいを見せていた。

リカさんは特に目的があるわけでもないようで、私を連れて街を歩き回っていた。

途中、広場に戻ると……

街の青年「ダークじゃないか! 久しぶりだな」

リカ「ん……? ああ、お前か」

街の青年「お前か、じゃねーよ。今度うちの店で新作を出すことになったんだ。 サービスしてやっから、今度また昼飯でも食いに来いよ」

リカ「どうだかな。この前のは、ちょっとデザートが甘すぎだったし」

言葉は皮肉めいていたけれど、リカさんも、青年に楽しそうに笑いかける。

その顔は、城の中庭で見た表情とは全然違う、無邪気な笑顔だった。

街の青年「手厳しいなあ。ま、お前の味覚は頼りにしてるよ!」

青年は屈託ない笑顔のまま、リカさんに手を振って去っていく。

(そういえば、どうしてリカさんは街ではダークって呼ばれてるのかな?)

〇〇「……」

リカ「なんだよ、人の顔じろじろ見て」

目をすがめるリカさんに……

〇〇「お二人が、すごく楽しそうだったから、いいなって」

そう言うと、リカさんは照れくさそうに頭を掻いた。

リカ「ああ……あいつは昔からの知り合いだから。 あいつは、この辺りでレストランをやってる店主。 昔からこうして忍びで街に出た時は、よく飯食いに寄るんだ」

(お忍びっていうわりには、堂々としてるけど……)

〇〇「なんだか意外でした」

リカ「何が?」

〇〇「リカさん、城の皆さんにも街の人達にも慕われているようだから」

リカ「……」

私の返事を聞くなり、リカさんはぷっと吹き出した…―。

<<第3話||第4話>>