月最終話 「これなら、どうだ……?」

翌朝…-。

まぶしいほどの日差しが、カーテンの向こうでキラキラと輝いている。

(ゼロさんが怪我をしなくてよかった……)

私の肩の傷はたいしたことはなかったけれど、ゼロさんが急いで呼んだ宮廷医さんに、ぐるぐると包帯が巻かれていた。

身支度を終えた頃、執事さんが部屋にやってきた。

執事「ゼロ様が、キッチンにお越しいただくようにと」

〇〇「キッチン……?」

執事さんに連れられやってくると、キッチンではゼロさんが料理をしていた。

〇〇「ゼロさん……?」

彼の意外な姿に、私は驚いてしまう。

ゼロ「おはよう、傷の具合は?」

〇〇「はい、おかげさまで……えっと」

ゼロ「昨日の礼がしたい。助けてもらったから。 ここは俺専用のキッチンだ」

〇〇「ゼロさん、お料理できるんですか?」

驚いて、つい大きな声が出てしまう。

ゼロ「料理は科学だからね。すべて緻密な計算でできているから、落ち着く。 贈り物やプリンセス扱いは嫌だと言われたから、料理はどうかと思って。 口に合わないかもしれないが、俺からの礼だ」

(嬉しい……)

ゼロ「……これなら、どうだ?」

彼は、私の顔を覗き込む。

〇〇「すごく嬉しいです……!」

ゼロ「そうか。すぐできる」

嬉しそうに頬を綻ばせ、ゼロさんがお鍋のふたを取った。

美味しそうな匂いが漂い、私のお腹が音を立てる。

〇〇「あ……」

(恥ずかしいっ……)

そんな私を見て、ゼロさんがクスリと笑った。

ゼロ「味見するか?」

そう言うと、スープをひと匙すくってくれる。

ゼロ「オニオングラタンスープだ。上に乗ってるパンが熱いから、気をつけろ」

ふうふうと息を吹きかけると、私の口元にスプーンを運んでくれた。

(恥ずかしい……けど)

彼の気持ちが嬉しくて、思いきって口をあける。

〇〇「美味しい……!」

玉ねぎの甘いスープを吸ったふわふわのパンと、とろとろのチーズが口の中でとろけた。

ゼロ「よかった」

ゼロさんは優しく微笑んで、私の口の横についたパンを取ってくれる。

〇〇「……っ!」

優しい眼差しに、胸がドキドキと音を立てた。

ゼロ「君が喜ぶと、俺もなぜだか嬉しい。 嬉しいが、同時に落ち着かない」

困ったような顔をした彼を見ていると、愛おしく幸せな気持ちがこみ上げる。

〇〇「私も、とっても嬉しいです。ゼロさんにお料理を作っていただけるなんて」

心の底から温かさがこみ上げて、私はにっこりと彼に笑いかけた。

ゼロ「変な子だ。ドレスや宝石やエステより、こんなことが嬉しいなんて」

〇〇「え……」

ゼロ「そんな顔が見られるなら、いつでも作ってやる。 ……予測不能なお姫様」

彼の唇が、私の額に落ちる…-。

〇〇「……っ!」

お鍋がコトコトと音を立てる。

その音も遠ざかるほどに、心臓が大きな音を立てていた…-。

おわり。

<<月5話||月SS>>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする