月最終話 震える瞳

その夜…-。

窓の外では、冷たい月の光が夜を照らしている。

昼間の出来事が頭を巡り、私は寝つくことができずにいた。

―――――

ユリウス『もう前みたいに……お前の近くにはいられない』

―――――

(私……)

息もできないほどの苦しさがこみ上げて、私は自分の気持ちに一つの答えを見つける。

(私、ユリウスさんのことが好きなんだ……)

胸の苦しさを抑えきれず、私はユリウスさんの部屋へと向かった…-。

ユリウスの従者「どうかされましたか?」

ユリウスさんの部屋の前では、内通者を撃った男性が見張りをしていた。

〇〇「すみません……ユリウスさんは、もうお休みですか?」

ユリウスの従者「いつもでしたら、まだ起きてらっしゃるかとは思いますが……。 あの日以来、ユリウス様はますますお心が休まらないご様子。 でも貴方になら、ユリウス様も心を許されるかもしれませんね」

そう言って彼は、ユリウスさんの部屋の前から少し遠ざかった。

(また、拒絶されるかもしれない……でも)

勇気を振り絞って、彼の部屋をノックする。

……けれど、中から返事がない。

ドアノブに手をかけて、おそるおそる扉を開くと……

(この、香りは……)

―――――

ユリウス『いい香りだ。オレも気に入った……ありがとな』

―――――

ユリウスさんの部屋は、あの時二人でつくった香りで満たされていた。

〇〇「……っ」

その香りが私を包み、また涙がこぼれそうになる。

〇〇「ユリウスさん……」

ユリウスさんは、ほとんど寝息も立てず、眠り込んでいる。

私は無意識に、彼に近づいてしまった…-。

ユリウス「……!!」

ユリウスさんは瞬時に飛び起きて、私をベッドに押さえつけた。

彼の大きな手が、私の首を掴んでいる。

〇〇「……っ!」

ユリウスさんの瞳は、虚ろだった。

〇〇「ユリウスさん……」

私は、かすれる声で彼の名前を呼ぶ。

(私に、できることはないですか……?)

恐ろしいほどに空虚なその瞳を見つめていると、私の頬を冷たいものが伝う。

ユリウス「〇〇……?」

やがてユリウスさんの瞳に色が戻っていく…-。

私の首にかけた手を慌ててどけると、彼は愕然として私を見つめた。

〇〇「……ごめんなさい。どうしても、ユリウスさんに会いたくて」

ユリウス「……バカか! お前は!」

ものすごい剣幕で、ユリウスさんが怒鳴る。

ユリウス「昼間、オレが言ったことがわかんねーのか! オレがこのまま力を入れてたら、お前は……」

そこまで言って、ユリウスさんは言葉を止めた。

ユリウス「……ごめんな……」

〇〇「……え?」

壊れものでも扱うように、彼は私の頬の涙をそっと拭う。

ユリウス「ごめん……」

そのまま彼の潤んだ瞳が近づいて…―。

〇〇「……っ」

唇が重なり合い、私の呼吸を奪う。

優しく頬に手を添えられると、刹那……熱い吐息が漏れた。

〇〇「ユリウス……さん?」

不意に起き上がり、ユリウスさんは私に背を向ける。

〇〇「……!」

 

肩が震え、その背中が泣いているように見えた。

私はユリウスさんの背中をぎゅっと抱きしめた。

ユリウス「オレは……どうしたらいい。 お前に傍にいて欲しい……。 でも、そうするとオレ自身がお前を傷つけてしまうかもしれない」

〇〇「私は……ユリウスさんの傍にいたいです」

ユリウス「オレはいつか……お前を殺してしまうかもしれない」

私は、ユリウスさんを抱きしめる力を強くする。

〇〇「そんなことにはなりません……。 だから、怖がらないでください……」

ユリウスさんは私に向き直ると、強く抱きしめた。

そのままベッドに倒れ込み、そして…―。

ユリウス「〇〇……」

私を呼ぶユリウスさんの声は震えていた。

胸に切なさと愛しさがこみ上げ、私は彼の首筋にそっと口づけを落とす。

〇〇「ユリウスさん、私……ずっと傍にいますから」

(だから一人で苦しまないで)

その言葉を確かめるように、彼の舌が私の唇を割る。

〇〇「……っ」

どうしようもなく甘い吐息が漏れて、私は彼の首にそっとすがった。

ユリウス「いいのか……?」

ユリウスさんの吐息が、私の耳にかかる。

(ユリウスさんの心の闇の深さは計り知れないけど…-)

(少しでも、あなたの心が安らぐといい)

(私が、そうしてあげたい……)

私は壊れそうに震える彼の瞳に笑いかけた。

〇〇「……はい」

ユリウスさんの瞳がぎゅっと閉じられる。

私達の間を遮る布が一枚一枚取り去られ……

ユリウス「もう、離さない……」

全身にユリウスさんの唇が落とされる。

私達はそのまま、深い夜の闇へ溶けていった…-。

おわり。

<<月9話||



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする