月6話 心配の先に……

ようやく宿泊先の部屋に戻ると、奥には既に布団が敷いてあった。

〇〇「夕食は……お部屋でいただきますか?」

フロストさんを振り返ると、血の気の引いた青い顔に、息が止まりそうになる。

〇〇「フロストさん、やっぱり具合が…-」

フロスト「……問題ない」

口ではそう言うけれど、明らかに立っているのもやっとという様子だった。

〇〇「お願いします。無理しないでください」

たまらず、フロストさんの服の袖を強く握りしめる。

フロスト「〇〇……」

すると、フロストさんのまとう空気がふっと緩んで…-。

フロスト「そう……だな。少し調子が良くないようだ」

〇〇「! フロストさん…―」

フロスト「……すまない」

〇〇「大丈夫です。すぐにお医者様を呼んで来ますね」

布団に横たわったフロストさんの手を一度だけ握って、私は慌ただしく部屋を後にした…-。

<<太陽最終話||月7話>>