月最終話 最期まで、あなたと

トリックパーティの会場に到着すると、私は足を止めた。

(暗い……なんだか、思ったより怖いかも)

遠くから聞こえてくる悲鳴に思わず体を震わせていると、モルタさんが私を振り返り、安心させるように微笑む。

モルタ「良ければ手を」

差し出された右手を見て、おずおずと手を差し出した。

モルタ「安心してください。私が傍にいますから。 離れろと言われても……離れる気はありません」

その言葉や左手を包む力強い手に、安堵の気持ちを抱くものの……

同時に、なぜかぞくりと悪寒が走る。

(モルタさん……)

月明かりを受けて妖しく光る赤い瞳がゆっくりと細められた後、私達は会場の奥へと歩みを進める。

……

それから、しばらく…-。

男の子「ぴょーん!!」

〇〇「っ……!?」

暗がりに転がっていた大きな卵が割れて、中からウサギに扮した子どもが飛び出した。

息を詰まらせていると、子どもはそのままぴょんぴょん跳ねて暗闇に消えていく。

モルタ「ふふっ、驚きましたね」

〇〇「は、はい……すごく。 だけど、とってもかわいらしかったです」

ここまで来る間も、私達はさまざまないたずらで驚かされた。

それらはすべて、子ども達が今日のために頑張って考えたいたずらで……

(びっくりしたけど……どのいたずらも、すごくかわいかった)

モルタ「……」

思わず笑みをこぼす私を、モルタさんが見つめていた。

〇〇「モルタさん? どうしたんですか?」

モルタ「いえ……とても楽しそうだなと思いまして。 そんなあなたを見て、私も楽しいと感じている」

〇〇「モルタさん……!」

彼の『楽しい』という言葉に、喜びが溢れてくる。

けれど……

モルタ「……だからでしょうか。 欲が……出てきてしまったんです」

〇〇「えっ?」

モルタさんが、暗がりへと私を引き込む。

そして、そのまま…-。

 

〇〇「! モルタさん、何を……!?」

彼が、しっかりと私を抱きしめる。

何の前触れもなく起きた出来事に、戸惑いで体が動かない。

モルタ「あなたは……一緒に考えてくれると、言いましたよね……?」

(考え、って……?)

―――――

〇〇『いろいろ、モルタさんの中で抱えていることもあると思います。 パーティが終わったら……私も一緒に抱えさせてもらえませんか?』

モルタ『……一緒に?』

〇〇『はい。二人で一緒に悩んで、考えて……そんなふうにできたらって思うんです』

―――――

〇〇「もしかして昼間のこと……ですか?」

モルタ「ええ……まだ、パーティの途中ですが、思ったことがあるんです」

〇〇「それって……?」

耳元で響くモルタさんの声は、いつもよりも低く……

先ほどまでとは違う理由で、私の鼓動を進めさせる。

モルタ「ええ、それは……。 あなたが私と一緒に、傍にいてくれる……私のものにできるのであれば……。 それは、とても楽しいことであると思ったんです」

(私が、モルタさんのものに……?)

艶をまとった声音に、まるで体温を引き上げられていくように、体は、自分でも驚くほど熱くなっていくけれど……

モルタ「悩みや苦しみは……あなたが傍にいれば和らぐ。 この気持ちは……死への憧れとも近いかもしれない。 あなたと一緒に、いけたなら……どんなに楽しいか」

(死……?)

再び、背中にぞくりとした感覚が走る。

〇〇「モルタさん、私…―」

モルタ「あなたが楽しめと言ったのですから、付き合ってくれますよね? 最期の、その瞬間まで…-」

甘く誘うような声と彼から伝わる体温が、恐怖に囚われる心を搔き乱し……

〇〇「……はい」

気づけば私は、そう答えていた。

モルタ「ありがとう、〇〇さん」

恐怖はいつの間にか、愛おしさで塗りつぶされている。

そんな私に、モルタさんはゆっくり顔を近づけると……

まるで吐息を奪うかのように深く、唇を重ねたのだった…-。

<<月5話



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする