月最終話 海の中の誓い

オリオンさんに手を引かれ、海の中へと足を踏み入れた…―。

(オリオンさんと一緒だけど、でも……)

水位が高くなるにつれて不安が増して、思わず足を止めてしまう。

オリオン「大丈夫だと言っている」

○○「大丈夫って……」

オリオン「言葉の通りだ。怖がるな。俺を信じろ」

両手を重ね合せて、オリオンさんは私を海の中へと誘う。

大きく息を吸い込み、私は水面に顔をつけた…―。

……

オリオンさんに両手を取られたまま、海深くへともぐっていく。

(冷たく……ない?)

水の中を泳いでいる感覚はあるのに、肌に触れる水はまるで冷たさを感じなくて……

私は、固く閉じていた目を恐る恐るゆっくりと開いた。

(わあ……)

薄青の世界の中で、陽の光が幾重にも筋を作り出す。

オリオン「そのまま、口を開けて俺に返事をしろ」

(返事って……水の中じゃ。 あれ?でも今のオリオンさんの声はよく通っていたような……)

○○「オ……オリオンさん……?」

声を出してみて初めて息苦しさを感じないことに気づいた。

○○「これは……」

(海の中で普通に話せる……!)

オリオン「わかったか?」

まだ不安をぬぐえなくて、私は口を閉じたまま首を横に振る。

オリオン「ここは、海底国と地上の人間が分かたれる前の太古の海だ……」

(太古の海……?)

目を瞬かせる私を見て、オリオンさんはくすりと微笑んだ。

オリオン「話しただろう?昔は地上に暮らす人間も海の中で呼吸をできていたと
ならば……」

○○「なら……?」

オリオンさんはふと、光が差し込む海の上へと視線を向ける。

オリオン「この海こそが、シエルマーリンの神殿なのかもしれないな」

(ここが……)

オリオンさんは何かを感じるように瞳を閉じ……やがてゆっくりと目を開けた。

○○「オリオンさん……?」

オリオン「せっかくだ。海の中を堪能するとしよう」

オリオンさんは私の手を離し、泳いで先へと進んでいく。

○○「オリオンさん!」

また一人取り残される不安が押し寄せ、私は彼の名前を呼んでいた。

オリオンさんは振り返り、手を伸ばす私へと笑いかける。

オリオン「さあ、俺を求めるなら……ここまで泳いでこい。 この海ならば、お前と俺は対等だろう。 それとも、また留守番をしたいのか?」

彼の言葉に、私は…―。

○○「……一人にしないでください!」

オリオンさんの胸へと飛び込むと、彼の腕が優しく私を抱き上げた。

私の顔を覗き込み、オリオンさんは意地悪な笑顔を浮かべていた。

オリオン「そんなに俺といたいのか?」

夢中で彼の元へと泳いだ自分が、今さらになって恥ずかしくなる。

寄せられる鼻先から逃げるように、私は視線を逸らした。

オリオン「どうした?何をそんなに恥ずかしがる必要がある? お前はもっと……俺を求めろ。 俺と同じくらい、いや……それ以上に」

オリオンさんの手が私の頬を優しく滑る。

○○「くすぐったいです……」

オリオン「我慢しろ。海の中でこうしてお前といられるなんて…―」

そこで一度言葉を切って、オリオンさんは目を閉じた。

オリオン「ここは原始の海……地上の人間と海底国の人間が、交わることのできた美しい海……」

ゆっくりと開かれた彼の瞳は、水の煌めきが閉じ込められているかのように綺麗だった。

オリオン「そんな美しい海を取り戻したいと……思った。 俺と、お前で……」

オリオンさんが私を抱いたまま、海の中をゆっくりと泳ぎ出す。

(この海でなら……私はオリオンさんと一緒に泳ぐことができる)

彼に引かれるだけではなく、自分の足で水中を蹴った。

オリオン「……美しいな」

○○「え……?」

オリオン「人魚が美しいと言われるが、お前が泳ぐ姿は人魚に勝る。 その華奢な指先も……その珊瑚のように色づいた頬も。 俺のものだ」

頭を引き寄せられ、強引に唇が重なる。

(この場所から出ても、どこにいても……。私はずっと、オリオンさんと一緒にいたい)

重なり合うキスに溺れるように、私はそっと瞳を閉じた…―。

おわり。

<<月7話