月最終話 巡る季節

寄席の噺を凍哉さんと楽しんだ後…-。

凍哉「あー、もう一年分くらい笑った気分だよ」

そう言いながら、凍哉さんは満足そうに自分の頬をさする。

〇〇「強張ってた顔も、だいぶほぐれてきましたか?」

凍哉「うん、触ってみる?」

(えっ……)

凍哉さんは私の手を取ると、自分の頬にそっとあてがう。

たくさん笑ったせいか、凍哉さんの頬は微かに熱を帯びていた。

凍哉「いい感じでしょ?」

〇〇「そ、そうですね……」

少し触れただけなのに、心臓が騒がしく音を立てる。

(突然で驚いちゃった……)

凍哉「思いきり笑ったから、お腹すいちゃったね」

〇〇「確かに……もう日が暮れてきましたもんね」

凍哉「せっかくここまで足を伸ばしたことだし……。 〇〇のこと、まだ帰さなくていい?」

(え……?)

そんなふうに言われ、頬に熱が集まる。

凍哉「もしよければ、夕食も一緒にどうかな?」

〇〇「はい……喜んで」

私は凍哉さんを見つめ、頷くようにそっと顎を引いた。

賑やかな寄席を楽しんだ後……

凍哉さんの行きつけだという、老舗の湯豆腐屋さんに連れて来てもらった。

〇〇「わあ、おいしそうですね」

鍋の蓋を開けると、上品な昆布だしがふわりと香った。

湯気の立つ豆腐を器に取り、さじですくって口元へ運べば……

〇〇「熱っ……」

思った以上に熱々で、舌先を火傷しそうになってしまった。

凍哉「〇〇、大丈夫?」

どうすることもできず、私は口元を押さえて豆腐を食べ続ける。

(返事しなきゃ……)

そう思うのに、熱々の湯豆腐を飲み込むことができず、もごもごと口を動かしていると……

凍哉「く……」

凍哉さんが、こらえきれないように吹き出した。

凍哉「もう……なんでそんなに、いちいちかわいいかな?」

(え? 今、かわいいって……)

凍哉「大丈夫? 火傷してない?」

〇〇「は、はい……」

凍哉「ほら、冷ましてあげるよ」

(えっ……)

凍哉さんは湯豆腐をすくい、ふうふうと息を吹きかけて冷ましてくれる。

(こういうのって、なんだか……)

凍哉「慌てないで、ゆっくり食べてね?」

ひどく照れながらも、控えめに口を開くと……

スチル

凍哉さんが、私の口元にそっとさじを運んでくれる。

〇〇「おいしい、です……」

凍哉「……よかった」

春が来たとはいえ、まだ夜は少し肌寒い。

こたつに入って湯豆腐の鍋を囲みながら、凍哉さんと微笑みを交わす。

(なんだか、ほっこりしちゃうな……)

凍哉さんが笑うと、胸の奥まで温かなものが染みわたる。

(これも凍哉さんの力? それとも……)

凍哉「今日は久しぶりに、腹の底から笑ったよ」

〇〇「私もです。やっぱり、思いきり笑えるっていいですね」

凍哉「うん……そうだね」

そう言った後で、凍哉さんはふっと真顔になる。

凍哉「でも、蓬莱で冬を守ることが俺の務めだから。 俺はこの国で、役目を果たせることを嬉しく思うよ」

(凍哉さん……)

凍哉「季節と共に……命は巡るものだから」

凍哉さんに与えられた役目は、とても大切なものだった。

凍哉「それにね、笑っちゃいけない暮らしも、けっこうスリルがあって楽しいよ」

私を見つめ、凍哉さんがおどけてみせる。

〇〇「ふふ、そうでしょうね……」

(凍哉さんなら、笑えない日々にも楽しみを見つけられるんだろうな)

凍哉「〇〇……」

こたつの上に置いていた手に、優しい温もりが重なった。

凍哉「季節は巡る。また冬が来て、笑えなくなっても、俺は……。 君を想うたび、幸せな気持ちになれるよ」

(凍哉さん……)

手のひらを重ね、凍哉さんの手をぎゅっと握り返した。

〇〇「私も……凍哉さんを想うだけで、笑顔になれます」

凍哉さんは片手を差し出し、私の顎先をそっとすくう。

凍哉「それじゃ……冬の間は、俺の代わりに君が笑ってくれる?」

〇〇「はい。たくさん笑います」

凍哉さんはふっと目を細め、ゆっくりと私の顎先を引き寄せた。

凍哉「なら……俺もつられて笑わないよう、気をつけないと」

二人の想いを確かめるように、重なる唇……

凍哉「こうしていれば、温かいね……」

凍哉さんが私の肩の腕をまわし、優しく抱き寄せる。

私は凍哉さんの肩に頭を乗せ……

温かなこたつの中で、いつまでも寄り添い合っていた…-。

おわり。

<<月7話||月SS>>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする