月SS 次の冬も

〇〇と寄席の噺を楽しんだ後…-。

凍哉「あー、もう一年分くらい笑った気分だよ」

〇〇「強張ってた顔も、だいぶほぐれてきましたか?」

凍哉「うん、触ってみる?」

高揚する気持ちのままに誘ってみれば、彼女はおずおずと手を伸ばした。

凍哉「いい感じでしょ?」

〇〇「そ、そうですね……」

(少し大胆すぎたかな……?)

戸惑いながらも、嫌がったそぶりではないことにほっと安心する。

凍哉「思いきり笑ったから、お腹すいちゃったね」

〇〇「確かに……もう日が暮れてきましたもんね」

(え……?)

彼女の言葉に、空を仰ぐ。

橙色に染まっていた空が藍色のグラデーションを帯び、夜の帳が落ちようとしていたけれど……

(まだ、君と一緒にいたい)

凍哉「せっかくここまで足を伸ばしたことだし……。 〇〇のこと、まだ帰さなくていい?」

考えるよりも前に、そんなことを言ってしまっていた。

(あ……)

彼女は小さく驚いて、頬を赤く染める。

(……きっと、俺も同じ顔になってるんだろうな)

その時、冷たい風が俺の頬を撫でた。

(春が来たって言っても……夜はまだ冷えるな)

(そうだ)

誘いたい場所を思いついて、俺は彼女に声をかけた。

凍哉「もしよければ、夕食も一緒にどうかな?」

〇〇「はい……喜んで」

(よかった……まだ君といられる)

胸を弾ませながら、俺は彼女の手を引いて街を歩いた。

彼女を連れて来たのは、老舗の湯豆腐屋だった。

(これであったまってくれたらいいんだけど)

鍋からは、ぐつぐつと具が煮立っている音が聞こえる。

〇〇「わあ、おいしそうですね」

鍋の蓋を持ち上げると、立ち込めた湯気の間からおいしそうな豆腐が覗いた。

さっそく食べようと、さじですくうと……

〇〇「熱っ……」

彼女の声が聞こえて、慌てて顔を向ける。

凍哉「〇〇、大丈夫?」

返事をしたそうに必死に口を動かすけれど、言葉に全然なっていなくて……

凍哉「く……」

(駄目だ、かわいい……)

凍哉「もう……なんでそんなに、いちいちかわいいのかな? 大丈夫?火傷してない?」

〇〇「は、はい……」

恥ずかしそうに頬を染める彼女を見ていると、愛しさが芽生えてくる。

凍哉「ほら、冷ましてあげるよ」

湯豆腐をすくい、息を吹きかけて冷ましてから彼女に差し出した。

凍哉「慌てないで、ゆっくり食べてね?」

おずおずと小さく開かれた口に、そっとさじを運ぶ。

〇〇「おいしい、です……」

凍哉「……よかった」

……

そうして、食事が落ち着いた後…-。

凍哉「今日は久しぶりに、腹の底から笑ったよ」

〇〇「私もです。やっぱり、思いきり笑えるっていいですね」

凍哉「うん……そうだね」

彼女の言葉に、笑うことを我慢していた今までのことを思い返す。

(思いきり笑うことは、気持ちがいい……それを耐えることは辛い)

凍哉「でも、蓬莱で冬を守ることが俺の務めだから。 俺はこの国で、役目を果たせることを嬉しく思うよ。 季節と共に……命は巡るものだから」

寒い冬があるからこそ、暖かい春がいっそう輝く。

(きっとこのために、笑いを耐える時間は存在している)

(君と冬を過ごし、春を迎えたからこそ……改めて確認することができた)

〇〇は、真剣な面持ちで俺の話を聞いてくれていた。

(おっと……せっかくの場なのに、少し真面目な話をしすぎちゃったかな)

凍哉「それにね、笑っちゃいけない暮らしも、けっこうスリルがあって楽しいよ」

おどけてみせると、彼女も笑顔を見せてくれた。

〇〇「ふふ、そうでしょうね……」

(君と過ごしていると、こんなにも穏やかに時間を過ごすことができる……)

凍哉「〇〇……。 季節は巡る。また冬が来て、笑えなくなっても、俺は……。 君を想うたび、幸せな気持ちになれるよ」

重ねた手のひらを、彼女はぎゅっと握り返してくれる。

(ありがとう……〇〇)

〇〇「私も……凍哉さんを想うだけで、笑顔になれます」

(っ……!)

衝動のままに、彼女に向って手を伸ばす。

顎先に手をかけ、そっと上向かせた。

凍哉「それじゃ……冬の間は、俺の代わりに君が笑ってくれる?」

〇〇「はい、たくさん笑います」

凍哉「なら……俺もつられて笑わないよう、気をつけないと」

(どんな季節も……君と一緒に過ごせれば)

ゆっくりと顔を近づけ、唇を重ねる。

凍哉「こうしていれば、温かいね……」

彼女を抱き寄せ、その熱を感じる。

巡る季節の中……彼女と出会えたことを、俺は心から幸せだと思った…-。

おわり。

<<月最終話



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする