月SS きみはぼくの大切な…

朝露に庭の花々が輝く。

ぼくは、そこから一本のバラを手にとった。

トルマリ「いい香り~」

花に顔を近づけて、その香りをかいだ。

(○○ちゃんに渡そう。きっと喜んでくれるだろうな)

初めてできたぼくの大事な友達。

(この姿のぼくを受け入れて、可愛いと言ってくれるなんて……アルマリ以外、初めてかも)

トルマリ「早くアルマリにも会わせたいなー」

(そしたらきっと3人で遊べる)

昨日、彼女と出会って、ぼくは楽しくて仕方なかった。

もっと一緒にいたくて、夜が早く明ければいいのにとずっと願っていた。

(今日は○○ちゃんと何して遊ぼうかな?)

空を見上げると、吸い込まれそうに鮮やかな青空が広がっている。

(そうだ、こんな天気もいいし、庭でティーパーティーもいいかも! ○○ちゃん、昨日足痛めてたし。また変な奴らが絡んできても邪魔だしね)

トルマリ「せっかく出来た友達なんだから、大事にしないと! ○○ちゃんを怖がらせる事なんて、もうしないんだから!」

彼女の楽しそうな笑顔を思い出す。

(そろそろ○○ちゃん、起きたかなあ)

トルマリ「ああもう!待ち遠しいから迎えに行っちゃお!」

花を手に、ぼくは彼女を誘いに部屋へ向かった。

……

彼女をティーパーティーに誘った後…―。

クッキーを一緒に作ろうと、彼女と調理場へ来ていた。

トルマリ「なんだかすごくワクワクする」

お菓子を作るなんて初めてだ。

彼女はどんどんぼくに初めてを作ってくれる。

○○「私もだよ」

隣に並ぶ彼女が、僕を見て微笑んだ。

(可愛いな)

彼女の笑顔を見ると、僕の胸がくすぐったくなってくる。

(本当に楽しい時ってこうなるのかな)

クッキーの生地をこねながら、隣で同じように生地をこねる彼女をそっと見る。

(真剣な顔してる……)

僕の視線に気づかずに、彼女は生地相手に一生懸命格闘している。

(せっかく一緒にクッキーを作ってるんだから、僕も頑張らないと)

ぼくも慌てて生地を広げた。

(アルマリもいたらいいのにな。アルマリも、クッキーなんて作った事ないよね。ああ、そっか。ぼくとアルマリは男だけど、○○ちゃんは女の子だもんね。女の子ってこういう遊びをするんだ……)

トルマリ「見て見て!星の形!」

ぼくは、星型にくり抜いた生地を見せる。

○○「可愛い!私は、ハートの形にしようかな」

彼女はさっそくハートの方の型取りを手に生地に向き直った。

トルマリ「たくさん作れるね!今度はどんな形にしようかなあ~」

あれこれ型をくりぬきながら、ぼくはまた隣の彼女を見た。

(あ、○○ちゃんの頬に粉がついてる。可愛いなあ、きっと気づいていないんだろうな……)

頬の粉を取ろうと手を伸ばしかける。

けれど、ぼくの手が届く前に、彼女は自分の指で拭ってしまった。

(あ~あ、残念。あれ?どうして残念なんて思うんだろ)

よくわからなくて、僕は首をかしげた。

(う~ん、触れなくて残念なんて変だよ。だってアルマリに触れなくて残念なんて、思ったことないし)

そんな事を考えていたせいか、鉄板を釜から引っ張り出そうとしたその時…―。

トルマリ「……わっ!」

手に触れた鉄板の熱さに、僕は驚いて声をあげた。

○○「トルマリ!?」

トルマリ「ごめんね、鉄板を出そうとしたら、思ったより熱くって……」

ジンとした痛みに、指先を見ると、触れた箇所が赤くなっていた。

(やっちゃった……注意不足だ。ぼくらしくないなあ)

○○「大丈夫?ケガはない?」

トルマリ「全然平気だよ、ありがとう」

彼女が心配そうに、ぼくの顔を覗き込む。

(その心配そうな瞳、アルマリみたい)

その頭を撫でて、大丈夫だよって言ってあげたくなる。

トルマリ「ごめんね、ビックリさせちゃって」

彼女は安心したように笑うと、首を横に振った。

その仕草に、また胸がくすぐったくなる。

(不思議……こんな事でも、楽しいって思えるなんて。アルマリ、早く戻ってこないかな。きみに紹介したいんだ。ぼくの大切な友達を)

鉄板を釜に入れると、しばらくして甘い香りが漂ってきた。

その甘さに、また心が弾んだ…―。

<<月最終話