月最終話 絶対に譲れないもの

ついに迎えた、感謝祭の日…-。

ゴーシュ「今日の風、いったい何……!?」

ゴーシュくんが不機嫌につぶやくのも、そのはず……

朝から吹く強い風のせいで、エッグレースの走者は皆一様に卵を落としてしまっていた。

(レースは一時中断ということだけど、このまま風が吹き続けたら……?)

不規則に吹きつける強い風が相手では、まともなエッグレースは到底できそうにない。

すると……

ゴーシュ「仕方ないな。レースで魔法を使うのは問題だけど……。 こういうことなら、問題ないよね」

〇〇「え……?」

ゴーシュくんが目を閉じて魔法の詠唱を始めた。

(何をするの……?)

疑問に思っていると、詠唱を終えた彼の目が開く。

そして……

ゴーシュ「風よ、静まれ……!」

空を見上げて、パチンと指を鳴らす。

その途端、強い風はゆっくりと凪いでいって…-。

参加者1「風が静まったぞ……!」

参加者2「ゴーシュ様のおかげだ……!」

ゴーシュ「ま、ざっとこんなもんじゃない?」

喜び合う人々を見つめるゴーシュくんが、少し顎を上向かせて微笑む。

……

エッグレースは無事に再開され、いよいよ迎えた決勝戦…-。

司会者「それでは……用意、スタート!」

いっせいに走り出す走者の中には、見事決勝まで勝ち残ったゴーシュくんの姿もあった。

ゴーシュ「っ……」

(頑張って、ゴーシュくん……!)

多くの声援に包まれる中、ゴーシュくんが駆け抜けていく。

けれど…-。

参加者3「わっ!!」

ゴーシュ「……っ!」

再び強い風が吹きつけ、参加者達がいっせいにバランスを崩してしまいそうになる。

(大変……!)

ゴーシュ「……っ!」

ゴーシュくんが、瞬時に何かをつぶやきながら右手を上げた。

すると…-。

(風が……)

参加者4「っと……」

風が向きを変え、バランスを崩しかけていた人々が大勢を整える。

(よかった……)

ほっと息を吐いて、ゴーシュくんの方に視線を戻すと……

〇〇「ゴ、ゴーシュくん……!?」

人々が体勢を立て直す中、ゴーシュくんはゴールのすぐ近くまで来ていた。

ゴーシュ「絶対に優勝は譲れない……!」

吹いた風に乗るようになめらかに、ゴーシュくんはゴールへと向かい……

司会者「ゴーール! 優勝は、ゴーシュ王子です!!」

〇〇「っ……!」

これまでで一番大きな歓声が会場にわき起こり、皆が手を叩いて喜ぶ。

(ゴーシュくん、本当に……)

宣言通り優勝したゴーシュくんはその足で表彰台へと向かう。

彼の満足そうな清々しい笑顔は、穏やかな日差しの中で魅力的に輝いていた…-。

……

多くの笑顔をもたらした感謝祭が終わり、街に夜の帳が下りた頃……

(皆、すごく楽しそう……)

ゴーシュくんが『頑張った皆にご褒美だよ』と言ってかけた魔法により、街の人々は風に乗って、星々が煌めく夜空を楽しそうに散歩していた。

すると……

ゴーシュ「ね? ちゃんとおれ、優勝したでしょ」

いつの間にか隣にやって来たゴーシュくんが、私の顔を覗き込む。

ゴーシュ「あっ。先に言っておくけど、ズルはしてないからね! 確かにあの時、追い風になっちゃったけど、あれはたまたまで…-」

〇〇「うん、わかってるよ。優勝おめでとう。 ゴーシュくん、とっても素敵だったよ」

ゴーシュ「〇〇……」

ゴーシュくんはニヤリと笑って、私に一歩近づく。

そして……

〇〇「……!」

ゴーシュくんに、ぐっと体を引き寄せられ……

密着する体に、激しく鼓動が跳ね上がる。

ゴーシュ「おれのこと、褒めてくれるんだ?」

〇〇「そ、それはもちろんだよ。だって…-」

ゴーシュ「ねえ、優勝賞品のこと、忘れてないよね? 賞品はあんたの、キス……でしょ?」

〇〇「っ……」

(どうしよう……すごくどきどきして……)

普段より大人びた艶っぽい瞳で、じっと見つめられ……

静まりそうにない鼓動を持ち余しながら、すぐ近くにあるゴーシュくんの顔を見つめ返す。

ゴーシュ「忘れてるなんて言わせないよ? おれ、そのためにレースに勝ったんだし……。 あんただけは、絶対に……譲れない……」

ゴーシュくんの指先が、私の耳に触れる。

大人とも子どもとも言えない少しだけ硬いその手からは、心なしかいつもより熱い体温が伝わってきて……

ゴーシュ「キス、してくれるね?」

目の前のゴーシュくんにすっかり魅了されてしまった私は……

気づけば彼へと、唇を寄せていたのだった…-。

おわり。

<<月5話||月SS>>