月SS 優勝の賞品

エッグレースを邪魔する風は、おれの魔法でやんだ。

(きっとあんたのことだから、皆のためにやってくれたなんて思ってるんだろうけど……)

(それも、もちろん嘘じゃない。皆が楽しみにしてるんだから、邪魔なんかさせないよ)

(だけど、やっぱりおれにとって一番大切なのは……)

そう思いながら辺りを見渡すと、人々が風がやんだことを喜び合いながらスタート地点へと向かっている。

(……あんたのために、頑張るから)

(あんたのキスは、絶対に誰にも渡さない……!)

心の中だけでつぶやいて、おれもスタート地点に向かった。

……

エッグレースは無事に再開され、いよいよ迎えた決勝戦…-。

(よし……ついにここまで来た)

スタート地点に立つと、心臓がバクバク鳴っているのがわかる。

(これで、優勝が決まるんだ……)

緊張して手が震えるのを必死で耐える。

(勝たなきゃ……絶対、勝たなきゃ。じゃないと、〇〇のキスが……!)

こんなことで緊張してるなんて、かっこ悪いから絶対に言えない。

(〇〇は……)

心を落ち着けながら応援席に目を向けると、緊張したような表情を浮かべる彼女がこっちを見ている。

(……おれ、絶対勝つから)

おれがぎゅっとスプーンの柄を握りしめたその時、司会者が手を振り上げた。

そして……

司会者「それでは……用意、スタート!」

スタートの合図を受けて、走者がいっせいに走り出す。

ゴーシュ「っ……」

たくさんの歓声が会場を包む。

だけど…―。

参加者3「わっ!!」

ゴーシュ「……っ!」

(また風が……!)

参加者達が、いっせいにバランスを崩しかける。

おれは何とか耐えたけど、このままでは脱落してしまう参加者が何人いるかわからない。

(このまま放っておけば、きっとおれは有利になる。だけど……)

ゴーシュ「……っ!」

(正々堂々と勝たないと、勝ったなんて言えないよ!)

おれは呪文を唱えながら右手を上げた。

すると…-。

参加者4「っと……」

風が向きを変え、皆が体勢を整える。

(よし……ラストスパート!)

そのタイミングを見計らって、おれは一気にスピードを上げた。

誰よりも早く、卵を落とさないように慎重に……

ゴーシュ「絶対に優勝は譲れない……!」

追い風にのって、ゴールへ…-。

司会者「ゴーール! 優勝は、ゴーシュ王子です!!」

これまでで一番大きな声援と拍手が、会場を包み込む。

(やった……やったよ、〇〇!)

表彰台へと案内される途中、応援席の〇〇を探す。

すると彼女は、自分の事のように嬉しそうに笑っていた…-。

……

感謝祭が終わり、おれが皆に魔法をかけた後…-。

星空を散歩する人々を眺める〇〇の隣に、おれは歩み寄った。

ゴーシュ「ね? ちゃんとおれ、優勝したでしょ」

下から彼女の顔を覗き込むと、綺麗な瞳がおれを見つめた。

ゴーシュ「あっ。先に言っておくけど、ズルはしてないからね! 確かにあの時、追い風になっちゃったけど、あれはたまたまで…-」

〇〇「うん、わかってるよ。優勝おめでとう。 ゴーシュくん、とっても素敵だったよ」

ゴーシュ「〇〇……」

(素敵……か。ちょっとは大人の男に見てもらえてるかな?)

(でも……もっとどきどきさせてあげるよ)

にやりと笑って、〇〇の方に一歩踏み出す。

そして……

〇〇「……!」

ぐいっと〇〇を引き寄せ、体を密着させる。

すると、触れた部分から伝わる彼女の熱が、みるみるうちに上昇していった。

ゴーシュ「おれのこと、褒めてくれるんだ?」

〇〇「そ、それはもちろんだよ。だって…-」

ゴーシュ「ねえ、優勝の賞品のこと、忘れてないよね? 賞品はあんたの、キス……でしょ?」

〇〇「っ……」

息を呑む〇〇の目には、戸惑いの色が浮かんでいる。

だけど、拒絶するような素振りは全然なくて……

(どきどきしてるの、聞こえてくる……おれのこと、意識してくれてるんだ)

(でも、まだもっと、あんたをどきどきさせてみたい)

ゴーシュ「忘れてるなんて言わせないよ? おれ、そのためにレースに勝ったんだし……。 あんただけは、絶対に……譲れない……」

指先で耳に触れると、〇〇の熱がますます高まっていった。

その瞳はわずかに潤んで、おれをまっすぐに見つめている。

ゴーシュ「キス、してくれるね?」

〇〇を見つめ返しながら、おれは言葉を紡ぐ。

すると彼女は、まるで俺の言葉に操られるようにゆっくりと顔を寄せ……

その艶やかな唇が、そっと、おれの唇に重なった…-。

おわり。

<<月最終話