月最終話 永遠の罰と一瞬の祝福

降りしきる雪の中、私はレイヴンさんの虚ろな瞳を見つめた。

〇〇「聖堂に……行ったんですか?」

レイヴン「……はい」

彼は表情を変えることなく、ただわずかに頷く。

〇〇「! じゃあ、この鐘が鳴っているのは……」

―――――

レイヴン『そこで自らの罪を懺悔した後に鐘が鳴れば……その罪は許され、祝福が与えられるそうです』

―――――

(これで、レイヴンさんが罰を受けることはない……)

安堵していると、彼は微かに首を横に振る。

レイヴン「鐘は……鳴りませんでした」

〇〇「え……?」

彼の言葉に、ドクンと大きく心臓が跳ねた。

〇〇「だって……鳴ってるじゃないですか」

心まで凍えていくのを感じながら、私は驚いて彼に問いかける。

レイヴン「……〇〇様? 何を言ってるのですか?」

鐘の音が確かに聞こえるのに、レイヴンさんは悲しげに首を傾げるばかり……

(まさか……レイヴンさんには聞こえていないの!?)

〇〇「レイヴンさん、あの…-!」

レイヴン「やはり……私は許されてはいなかった」

つぶやくようにそう口にすると、レイヴンさんは両手で顔を覆った。

〇〇「違う……違います!」

彼の心に届くように、必死で呼びかけると…-。

腕に閉じ込めるように、彼は私を深く抱きしめた。

レイヴン「私は罪を重くしてしまいました。 ……あなたと過ごすひとときを望み、欲を肥大させてしまった」

小さく首を振りながら、まるで独り言のようにレイヴンさんは話し続ける。

レイヴン「あなたの笑顔を、優しい眼差しを、私にかけてくれる言葉を……求めすぎてしまった」

何かに苛まれるように、レイヴンさんが苦しげに声を上げる。

(深い……自責の念)

私は、彼に鐘の音が聞こえない理由を理解した。

(レイヴンさんは、鐘の音が聞こえないんじゃない)

(聞こうとしていないんだ……)

悲しみと失意に支配され……それでも私は彼に語りかける。

〇〇「レイヴンさん……鐘は鳴っています。私には聞こえています。 お願いです、罪の意識を解いて……鐘の音を聞いてください。 自分を、許してあげてください」

レイヴン「〇〇様……」

私の言葉が届いているのか、いないのか……

彼は私を抱きしめる腕に力を込めると、もう一度口を開く。

レイヴン「あなたはいつか言いましたね。クリスマスには、大切な人と笑顔で過ごすと……。 私は今日、あなたにその幸せをもらいました」

レイヴンさんは私の瞳を見つめて、この上なく優しい笑みを浮かべた。

レイヴン「そしてその分、罰が下るのでしょう」

〇〇「そんな…-」

真っ白に閉ざされていく世界で、私を抱きしめるレイヴンさんの腕はただ温かくて…―。

触れ合うところから、彼の想いが伝わってきた。

レイヴン「すみません……」

彼は私の腕を解くと、懐から小さな箱を取り出した。

レイヴン「この審判が終わった後、あなたへ贈ろうと思っていました」

彼は箱を開けると、中のものをそっと私の手のひらにのせた。

(白い花の、ネックレス……)

かじかむ手で、雪のように冷たくなったネックレスを包み込む。

幸せと悲しみが降り混ざり、胸が破けてしまいそうだった。

レイヴン「いかに罰が重くなろうとも……今だけは、あなたを想うことを止められない」

〇〇「レイヴンさん……」

レイヴン「私はすべての罪を受け入れる。だから、今だけは……」

〇〇「っ……」

次の瞬間、吐息まで奪われるように唇を塞がれて……

雪に閉ざされ全身が冷たくなっていく中、互いの唇だけが熱をはらむ。

(熱い……)

(これは……私への想いだって、思ってもいいですか?)

唇が離れると、私は彼の胸にすがるように体を預けた。

〇〇「レイヴンさん……名前を、呼んでください」

レイヴン「〇〇様……。 ……〇〇」

お互いの熱を求め合うように、もう一度深く唇を重ねる。

何もかも真っ白に塗り尽くされる静かな夜に、鐘は澄んだ音を立てて鳴り続けた。

(どうか私達に、奇跡を)

自分を許すことができない彼に与えられた、一瞬の幸せ…-。

(私の想いを、どうかレイヴンさんに全部伝えて)

(彼の心を……溶かせるように…-)

私は彼の背中に腕を回して、強く強く抱きしめる。

その時…-。

レイヴン「……っ」

彼が一瞬、驚いたような顔をした。

けれどすぐに…-。

レイヴン「〇〇……」

絞り出すような声で名前を呼ばれ、また深く口づけられる。

重ねられた唇は、長く離れることはなく……

この瞬間が氷に閉ざされ永遠に溶けないでほしいと、そう願わずにはいられなかった…-。

おわり。

<<月7話||月SS>>