月SS あなたを愛した証

街を彩るクリスマスの飾りが、冷たい風に吹かれて微かに揺れている…-。

〇〇「クローディアス君へのプレゼント、何がいいでしょうか」

花がほころぶような笑みを浮かべる〇〇様に、胸の奥から温かいものが溢れてくる。

(これが、クリスマスなのですね……)

大切な人と笑顔で過ごすのがクリスマスだと、前に彼女が教えてくれたことを思い出す。

不意に、隣を歩いていた〇〇様の手が私の手にぶつかった。

〇〇「あっ、すみません……」

一瞬感じた彼女の温もりに、鼓動が小さく跳ねる。

レイヴン「いえ。〇〇様は痛くありませんでしたか」

〇〇「はい……」

(このまま、あなたの手を取って歩いていけたなら……)

衝動に突き動かされて、彼女の手を握ろうとした時…-。

視界の端で、ショーウィンドウに飾られているアクセサリーが微かに煌めく。

(オフィーリア……)

白い花のネックレスは、まるでじっと私を見つめているように思えた。

胸を突き刺されるような痛みに、ぐっと拳を握りしめる。

(なんて愚かなのだろう……〇〇様の温もりを望んでしまうなんて)

(私に、そんな資格などないのに……)

〇〇「レイヴンさん、どうかされましたか?」

〇〇様は、心配そうに私を見つめる。

レイヴン「いえ……私は大丈夫です」

かろうじて笑みを浮かべながら、もう一度口を開いた。

レイヴン「私はこの店を見てみますから、〇〇様は向こうをお願いできますか?」

〇〇「えっ、でも……」

レイヴン「手分けして探しましょう。帰りが遅くなると、クロードが心配するかもしれません」

〇〇「わかりました」

彼女の背中を見送ると、私はガラスの向こうで咲く白い花をもう一度見つめる。

微かな光に導かれるように扉を開け、私は店の中に足を踏み入れた。

……

雪がすべての熱を奪っていく……あの時と同じように…-。

この世からすべての音が消えたように、辺りは静まり返っていた。

レイヴン「やはり……私は許されてはいなかった」

(死ぬことも生きることも許されず、彷徨い続けること……それが私への罰なのかもしれない)

〇〇「違う……違います!」

悲しみに満ちた瞳を見つめ返すことができなくて、彼女の体をきつく抱きしめる。

レイヴン「私は罪を重くしてしまいました。 ……あなたと過ごすひとときを望み、欲を肥大させてしまった。 あなたの笑顔を、優しい眼差しを、私にかけてくれる言葉を……求めすぎてしまった」

(特別な時間に甘え……あなたに、愛されたいと願ってしまった)

〇〇「レイヴンさん……鐘は鳴っています。私には聞こえています。 お願いです、罪の意識を解いて……鐘の音を聞いてください。 自分を、許してあげてください」

レイヴン「〇〇様……」

(どうしてあなたは……そんな嘘を吐くのですか?)

(優しい嘘を…-)

彼女まで罪人にしてしまうことが恐ろしいのに……私は腕を解くことができない。

(私はこの上、まだ罪を重ねるというのか……)

抑え込んでいた彼女への想いが、堰を切ったように溢れ出す。

レイヴン「あなたはいつか言いましたね。クリスマスには、大切な人と笑顔で過ごすと……。 私は今日、あなたにその幸せをもらいました」

(あなたと共に生きる未来は、きっと幸せなものなのでしょう……)

(すべての罪が許されたと錯覚してしまうくらいに)

(だからこそ、私は……あなたの手を取ることができなかった)

レイヴン「そしてその分、罰が下るのでしょう」

〇〇「そんな…-」

彼女は悲痛な表情を浮かべて、私を見上げる。

レイヴン「すみません……。 この審判が終わった後、あなたへ贈ろうと思っていました」

(白い花は私の罪の証……そして、あなたを求めてしまった私の心……)

彼女の手に白い花のネックレスをのせると、〇〇様は慈しむようにそれを手に包み込む。

(〇〇様が……愛おしい)

(狂ってしまいそうなほどに)

レイヴン「いかに罰が重くなろうとも……今だけは、あなたを想うことを止められない」

〇〇「レイヴンさん……」

レイヴン「私はすべての罰を受け入れる。だから、今だけは……」

〇〇「っ……」

罪深き想いのままに、彼女の唇を塞ぐ。

(〇〇……愛している……)

雪の檻の中で、冷え切った彼女の体を抱きしめる。

〇〇「レイヴンさん……名前を、呼んでください」

レイヴン「〇〇様……。 ……〇〇」

口づけを落とし、彼女の体を深く抱擁する。

その時…-。

レイヴン「……っ」

どこか遠く……遥か彼方で、鐘の音がわずかに聞こえた気がした。

けれど、意識が逸れたのも束の間……私はもう、〇〇のことしか考えられない。

過去も未来も忘れ、ただこの一瞬を胸に刻みつけた…-。

おわり。

<<月最終話