月SS 君といる特別な空間

執事喫茶の準備は、順調に進んでいたと思われたけれど…―。

まさかの発注ミスで、メイド服しか用意ができなかった。

(でも……)

○○「おかえりなさいませ、ご主人様」

さっきから僕は、メイド姿の○○を、横目でずっと見てしまっている。

サイ「……だめだ」

頬を叩いて気持ちを入れ直そうとするけれど……

数秒後にはすでに、○○を目で追ってしまっている。

(○○には、無理を言って手伝ってもらっているんだから……僕が、こんな浮ついた気持ちでいてはいけないんだ。だけど……)

メイド服姿の○○は想像以上に可愛い。

(本当は、メイド服が届いてよかったと思ってしまっている……)

改めてそう自覚すると、頬にさっと熱が昇る。

(何考えているんだ……僕は!そんなこと、言えないよ……)

目が合わないように注意しながら、○○のメイド服姿に視線をやる。

(……すごく似合ってる。もしも今、僕の心の声が聞こえてしまったら……○○に軽蔑されるかな……)

その時、男性客の一人が○○に声をかけた。

男性客1「君、可愛いね~!男ばっかりでびっくりしたけど、来てみてよかったよ!」

男性客はにやにやと笑みを浮かべながら、○○のことを見ている。

○○「ありがとうございます、ご主人様」

そんな客に対しても、○○は笑顔で対応している。

僕以外に向けられる彼女の笑顔に、もどかしさを感じた。

(……紅茶とスイーツは僕が運ぶことにしよう)

目を閉じて、僕は自分の気持ちを落ち着けた…―。

……

それからしばらく…―。

○○「おかえりなさいませ、ご主人様」

○○も慣れてきたのか、その声に落ち着きを感じるようになった。

けれど僕の気持ちは、そんな彼女とは裏腹にもどかしさを増すばかりで……

(……駄目だ。クラスの皆のことを考えないといけないのに、君にばかりに目がいって……どうしようもなく、君のことが気になって)

ひとつ息を吐いて、僕は○○の元に近づいていく。

そして…―。

サイ「メイド服、すごく似合ってる。可愛い」

○○「……!」

彼女の耳元に顔を寄せて、そう伝えた。

○○「サイ、さん……」

○○が、僕の方を見ないままに名前を呼んだ。

(……誰にも渡したくない)

自分の中に欲が芽生えてくる。

サイ「後で」

○○「え……?」

誰にも聞こえないように、○○にだけ言葉が届くように……

サイ「後で、抜け出そう……二人で」

○○「……!」

そんな思いを込めながら、僕は彼女に囁きかけた。

○○は、まだ僕に背中を向けたままだけど……

(……耳まで、赤いよ)

彼女が愛しくてたまらなくて、僕はさらに顔を寄せる。

サイ「駄目?」

○○「……っ」

そこでようやく、○○は僕の方を振り返った。

○○「……駄目、じゃないです」

彼女もまた、僕にだけ聞こえるような小さな声で答えてくれる。

嬉しさが、幸せが僕の心に満ちて……顔が綻んでいく。

(学園生活も、文化祭もとても楽しいけれど)

僕にとっての特別な空間は、○○といる所だと、そう強く思った…―。

おわり。

<<月最終話