月最終話 ホントの気持ち

子猫が、首につけた鈴を鳴らして走っている音がする…―。

火事から数日が経ち、子猫もすっかり城の皆さんに可愛がられるようになっていた。

(国王様には、内緒だけど……)

城の皆さんも、サイさんのお願いで国王様の目から子猫を隠すよう、協力してくれているのだった。

(でも、火事の日から、サイさんに避けられている気がする)

傷の手当ても医師の手に移り、様子を知ることができない。

(サイさん、夕飯も食べにこなかったし……大丈夫かな?)

私は、サイさんの部屋へ夕食を持っていくことにした。

城の料理人に綺麗に取り分けてもらった夕食を手に、サイさんの部屋をノックするけれど…―。

中から返事が返ってこない。

○○「サイさん? 夕食を持ってきました……」

呼びかけても、返事はない。

(お部屋にいるはずなのに。やっぱり、私、避けられてるのかな)

○○「……サイさん、また来ますね」

静かに声をかけて、その場を立ち去ろうとしたその時…―。

サイ「……助けて」

(今、何か聞こえたような……)

ドアに耳をあて、呼びかける。

○○「……サイさん?」

サイ「……○○、助けて」

○○「サイさん!」

慌ててドアを開けると…―。

(……!)

サイさんの部屋で、猫が何匹も楽しそうに跳びまわっていた。

その光景に、しばし瞳を瞬かせる。

(連れてきたのは、一匹だったよね……?)

事情がうまく呑み込めない……。

サイ「この子が、友達を作ってたみたいでさ……。 これじゃ、外にも出られないよ」

サイさんが面倒を見てくれていた子猫が、外で友達を作ってはここに連れてきているらしい。

(困っているサイさんには申し訳ないけど)

○○「……ふふっ」

思わず笑みがこぼれてしまう。

(なんだか、可愛い……)

サイ「笑い事じゃないよ……」

猫にまみれるサイさんが、心底困ったようにため息を吐いた。

○○「火傷、どうですか? 痛くないですか?」

サイ「もう全く痛くないよ」

サイさんは火傷した腕を見せてくれた。

傷はすっかり良くなっている。

○○「良かった……」

サイ「心配かけてごめん」

私は、首を大きく横に振る。

○○「サイさん……私、助けてもらったお礼がしたくて」

サイ「礼なんて……。 僕は、○○を危険な目に逢わせた自分が許せないんだ。 ちゃんと、僕が一緒に小屋に行っていれば…―」

(……え?)

○○「……サイさん?」

サイさんは無意識に言っていたようで、自分の言葉にはっとした顔をする。

(そんな風に自分を責めてたから……私の事を避けてたの?)

○○「違います! 私が勝手に、何の考えも無しに小屋へ入って……。 サイさんに火傷までさせてしまった……。 謝らなきゃいけないのは、私です」

サイ「……」

○○「何か、お礼をさせてください」

自分の浅はかさでサイさんを傷つけた上に、思いつめさせてしまって……

いたたまれない気持ちがこみ上げて、必死で彼にお願いする。

サイ「礼なんて……本当に何もいらないよ」

○○「じゃ、何かして欲しいことはないですか?」

サイ「……して欲しいこと?」

(サイさんのために、何かしたい……)

○○「何かありませんか? なんでも言ってください」

サイ「……」

サイさんは、しばらく瞳を閉じて考え込んでいたけれど…―。

サイ「じゃあ……触れて」

○○「え?」

思いもよらなかった言葉に、思わずサイさんの瞳をじっと覗き込んでしまう。

(触れるって……?)

すると…―。

 

サイさんは、戸惑う私の手をとって、ベッドに座らせた。

サイ「何でもいいんでしょ……?」

○○「……」

私は、サイさんの手におずおずと自分の手を触れさせた。

サイ「……足りない」

(サイ、さん……?)

いつもとは違う彼の様子に、私の鼓動が早くなっていく。

サイさんは、触れている私の手の指に、自分の指を絡めさせる。

サイ「……」

そして、絡め取られた私の手がそのまま、サイさんの頬に導かれた。

サイ「あったかい……。 近くで触れるって、心地良いね」

サイさんの柔らかい声が、耳に広がっていく。

サイ「火事の時、○○が心配で生きた心地がしなかった。 君はお節介で無鉄砲だから……近くで見てないと、本当に不安」

頬にある私の手に、サイさんがそっとキスをする。

○○「……っ」

サイ「今度は、もっとちゃんと守るから……」

サイさんはそう言うと、私のまぶたに優しいキスを落とす。

○○「……っ!」

頬が熱をもっていく。

彼は私の髪に唇を落とし、今度は唇と唇を重ねようとした瞬間……

子猫「にゃー」

助けた子猫が、私とサイさんの間に飛び込んできた。

サイ「……空気、読んでほしいなあ」

緊張で動かなかった体が、ふっと軽くなる。

○○「ふふっ……のけ者にされた気持ちになったのかな」

サイ「……まったく」

○○「よしよし、ごめんね」

子猫を抱き上げようと、視線を落そうとしたとき……

ふいに顎が持ち上げられ、唇に柔らかい感触が触れた。

○○「……っ!」

サイ「続きは、二人きりのときに……ね?」

サイさんは悪戯な笑みを浮かべると、私の髪を優しく撫でた。

彼の瞳の蒼い輝きに吸い込まれてしまいそうで……

私は息をすることさえ、忘れていたのだった…―。

おわり。

<<月7話||月SS>>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする