月最終話 傍にいて

空には、星がきらきらと瞬いている…―。

リカの口から出た、普段の彼らしくもない言葉…―。

リカ「俺がこの国の王子だってバレたら、普通の付き合いはできなくなるかもしれないだろ?」

私はしばらく言葉を失って、じっとその寂しそうな横顔を見つめていた。

〇〇「……」

リカ「……なんだよ、悪いかよ?」

〇〇「悪いとかではなくて……」

首を左右に振って、彼と視線を合わせる。

リカ「仕方ないだろ、俺が王子なのは変えられないし。 けど……違う自分になれば、俺は楽しく笑ってられるんだ」

〇〇「違う自分……?」

その言葉に、何か違和感を感じる。

〇〇「そうなの……かな」

リカ「何が言いたいんだよ、お前」

〇〇「だって……じゃあ、街で過ごしたリカは、リカじゃなかったってこと?」

リカ「……そんなわけないだろ」

〇〇「だったら、やっぱりリカはリカだよ。 ダークなんて名前を使わなくても……リカと一緒にいてくれる人は、たくさんいるよ」

リカ「……」

私の言葉に、リカの黄金色の瞳がわずかに揺れた。

リカ「あー……うるせえ女」

〇〇「リカ…―」

リカ「だったら…―」

ぎゅっと痛いくらいに、彼の手が私の手首を掴んだ。

リカ「○○、お前も傍にいてくれるのか?」

〇〇「……っ、リカ……さん?」

驚きと緊張からか、思わずそう呼んでしまうと…―。

リカ「お前なぁ。リカさんじゃなくて、リカって呼べよ。 なあ、いてくれんのか?」

恐れるように、彼の指先からは力が抜ける。

リカ「俺が……お前を欲しいっていったら、いてくれるのかよ……」

〇〇「……」

瞳が、真っ直ぐに私を射ぬく。

ずっと無愛想な表情に見え隠れしていた、彼の切ない感情が、今はっきりと私に向けられている。

リカ「俺、拒否されるの、すっげー怖いんだけど?」

〇〇「リカ……」

(嫌じゃない、傍にいてあげたい)

けれど、純粋な想いをぶつけられて、受け取ることが怖くなる。

もし、彼を傷つけてしまったらと考えると……

〇〇「リカのこと、拒否する人なんていないよ……」

リカ「違う、俺は皆じゃなくて、お前に拒否されたくない」

声が大きくなって、手首を掴む力が強くなった。

彼の声の響きに、強い想いを感じて、私の胸の中で何かが弾けた。

〇〇「私……リカと一緒にいる」

リカ「じゃあ俺のこと、好きなのか?」

〇〇「……っ」

どう答えていいかわからなくなって、

どうしても上手な答え方が見つからなくて……

リカ「なんとか言ったらどうなんだよ」

〇〇「……」

気持ちがいっぱいになって、言葉を紡ぐことができず、私の手首を握る彼の手に、もう片方に手をそっと重ねた。

リカ「……」

すると、彼は可笑しそうに笑った。

私との距離をぐっと詰めて、鼻先が触れ合いそうな距離で見つめ合う。

リカ「○○……」

身を寄せると、彼の空いた方の手が自然と私の膝に重ねられた。

低い声で名前を呼んで、指先が太腿へと足を滑っていく。

彼の指の腹の感覚がくすぐったくて……

心臓もうるさいくらいに私の中で鳴り始めて……

〇〇「リ、リカ……!?」

慌てて彼の手を振り払おうとすると、彼の口元に無邪気な笑みが浮かんだ。

リカ「お前、柔らけぇのな……もっと触りたい」

〇〇「え……」

そんな顔をされてしまうと、振り払いたくても払えない。

私は結局、恥ずかしさにうつむく事しかできなくて目をつむった。

リカ「そんなに恥ずかしがらなくてもいいだろ?」

耳元に聞こえてきたのは、少し甘えるような彼の声……

〇〇「だって…―!」

顔を上げると、リカの顔の後ろに満天の星空が見えた。

〇〇「あ……」

(綺麗……)

口にしようとした言葉は、彼の指先で遮られた。

唇に当てられたリカの長い指先……

リカ「ここ誰も、来ないし。 俺を寂しがらせないでよ……」

消えそうな言葉が耳元をくすぐったかと思うと、ぎゅっと彼に抱き締められた。

リカ「離したくない」

胸元から伝わる彼の鼓動は、私と同じ速さで鳴っている。

もう隠れることのない、リカの純粋すぎる感情が甘く溢れて……

私はそれに応えるように、ぎゅっと彼の腕を掴んだ…―。

おわり。

<<月7話||月SS>>