月6話 もっと知りたい

リカ「で、話って? なんか聞きたいことあるんだろ? 特に、俺のこととか?」

〇〇「!」

リカの言葉に、頬が熱を持つけれど……

リカ「話せよ」

私の言葉を促す彼に、私は勇気を振り絞って口を開いた。

〇〇「私ずっと気になってたんです、どうしてリカは名前を偽ってまで街に出るのかなって」

リカ「……」

私の言葉を耳に入れたリカは、ふと寂しそうに顔を歪ませた。

リカ「……なんだ、そんなことか」

主人公「そんなことって…―」

一気に私から興味を失ったのか、彼はつまらなそうにため息を吐く。

リカ「この話、もう終わりな」

〇〇「え? 終わりって……」

リカ「終わりは終わり」

〇〇「話せって言ったのは、リカなのに…―」

リカ「俺が聞きたくないから!」

(どうしちゃったの……?)

リカはそれ以上は口をつぐみ、大股で部屋のバルコニーに向かって歩き出した…―。

<<太陽SS||月7話>>