月最終話 いつまで待てばいい?

ダグラスさんのエスコートで到着したホテルの最上階にあったのは…-。

豪奢な作りの部屋がいくつも用意されたスイートルームだった。

(すごい……)

その広い部屋を照らす照明の穏やかさに、なぜだか逆に緊張を覚えてしまう。

ダグラス「ほら、大丈夫だから」

〇〇「あっ……ダグラスさん」

彼は苦笑を浮かべながら、私の肩を軽く叩いて、ソファーへ座るように促した。

ダグラス「さ、どうぞ」

ウェルカムドリンクとして用意されたスパークリングワインを、慣れた所作でフロートグラスに注いで私へと差し出す。

〇〇「ありがとうございます……」

同じソファーに深く腰かけ、カチャリとグラスを打ち鳴らす。

グラスの口をつけると、ほのかな熱がのどを通り過ぎていった。

〇〇「おいしい……!」

ダグラス「気に入ったみたいだね?」

〇〇「はい……」

ダグラス「けど、まだ緊張は解れないか?」

〇〇「あ……いえ、大丈夫です!」

思わず声を裏返らせた私の髪を、ダグラスさんは優しい手つきで撫でた。

ダグラス「いや、いいよ。そんな君もかわいいからね」

〇〇「……っ」

そのまま、ワインの香る唇が私のまぶたに落とされて…-。

ダグラス「先にシャワー、浴びてくる?」

余裕のある表情で問いかけられるけれど、私の頭はほとんど何も考えられない。

〇〇「……はい」

私は緊張で頭が真っ白になったままバスルームへと向かったのだった…-。

(どうしよう。全然落ち着かない。胸がずっと騒がしいまま……)

(でも……返事をしてしまったのは、私自身だ)

(……ダグラスさんに、見損なわれたくない)

意を決して、私はバスルームに足を踏み入れ、服を脱いで、浴槽の中でシャワーのコックを捻った…-。

……

けれど…-。

(頭が、ぼうっとする)

いろいろな思いが頭を巡り、バスルームから出ることができないでいる。

(ダグラスさん……)

その人を思い浮かべていた時、不意にシャワールームのカーテンが開く音がした。

〇〇「え……?」

振り向いた私の視線の先に立っていたのは…-。

〇〇「えっ! だ、ダグラスさん?」

シャワーカーテンの間から、ダグラスさんが顔を覗かせていた。

〇〇「……っ!」

慌ててバスタオルを掴み、体を隠すように抱き込むと…-。

ダグラス「……君はいつまで俺を待たせる気かな? あんまり遅くて心配だから、こうして様子を見に来てしまったよ」

〇〇「あ、ええと……!」

(そんなに時間が経ってた……?)

ダグラス「……ごめん、今のは嘘。本当は待ってられなかった。 ……って言ったら、怒るかな?」

〇〇「ま、待ってください! 今出ますから…-」

ダグラス「……そんなに慌てちゃって」

背を向けようとした私の腕を、ダグラスさんがぐいっと掴む。

〇〇「……っ!」

ダグラス「海賊稼業はお休みして、もてなすって言ったけど……俺はやっぱり海賊だから」

近づいてきた声が、私の耳元を深くくすぐる。

〇〇「それはどういう意味で…-」

ダグラス「君のすべてが欲しいんだ……」

私の言葉を遮って、ダグラスさんの声がバスルームに響く。

シャワーヘッドからの流れるお湯の音と彼の声……

柔らかな湯気に包まれて私の耳に反響する。

〇〇「あ、あの……」

(どうしよう、本当に……)

唇に浮かぶのは、魅惑的な大人の笑み。

そして海賊だと彼自ら言う通り、力強さをたたえる緑色の瞳…-。

ダグラス「真っ赤だね。〇〇」

〇〇「っ、見ないでください!」

うなじに彼の視線を感じて、私はそっとうつむいた。

ダグラス「……俺に見つめられるのは嫌?」

〇〇「……嫌じゃないけれど、恥ずかしいので」

途切れ途切れになってようやく口に出すと、柔らかな笑い声が彼から漏れたのが、聴こえてきた。

ダグラス「やっぱりかわいいよ……。 ――〇〇」

〇〇「あ……」

掴まれた腕が、さらに強く彼に引かれて…-。

お湯の流れる音だけが湯気のこもったバスルームに響く…-。

そんな中、とびきり甘く響いた彼の言葉は…-。

ダグラス「……好きだ」

白い湯気が立ち込める中……

息もできないくらい深く口づけられた私の頭は、熱に浮かされどうにかなってしまいそうだった…-。

おわり。

<<月7話