月SS 大人は嫌い

薄黒い雲の向こうで、月の光がおぼろに揺れている…ー。

サーカステントに押し入ってきた大人達から逃げて来た俺達は、近くの森に身をひそめていた。

(……どうにか、眠れたようだな)

身を寄せ合い眠る団員達を見て、ほっと息を吐く。

昼間の出来事に怯える子ども達は、なかなか寝ついてはくれなくて……

ネロ「……あいつだったら、もっと上手く寝かしつけるんだろうな」

木の幹に背を預けながら、気づけばそんなことをつぶやいてしまった。

ネロ「○○……」

(あいつ、ひどい目に遭ってないかな)

必死で団員達を逃してくれた○○を、俺は置き去りにしてしまった。

(……今さらだ。それに、あいつだって大人なんだ)

ネロ「憎らしくて汚い……大人なんだ……」

小さくなってしまった自分の手を見つめながら、俺は自分に言い聞かせるようにそうつぶやく。

なのに、俺の心には○○の笑顔ばかりが浮かんでくる。

(……どうせ、もうあいつに会うことはない)

子ども達を連れ、俺はチルコから離れることを決めていた。

(忘れよう……)

……

なのに…ー。

ネロ「……あんたはなんで戻ってきたんだ?」

チルコへと戻った俺を待っていたのは、○○の姿だった。

(……なんで)

ネロ「もしかして、この薬を手に入れてこいって言われた?」

無性に苛々してしまい、言葉が自然ときつくなる。

(あんたはいつもそうだ)

(俺の気持ちになんて構わず、どんどん押し入ってきて…ー)

○○「っ……」

彼女の澄んだ瞳が、哀しげに揺れる。

(綺麗な目だ……)

(そんな純粋な目をしてるのに、あんたはどうして大人なの?)

(あんたも、俺を裏切るの……?)

思考が、だんだんと乱れていく。

ネロ「そうだ……大人は皆、そういう奴らなんだ。 あんただって……そうなんだろ?」

(もっと早く、あんたに会えてたら……)

手の中で『子どもでいられる薬』の小瓶を転がす。

その中にはまだ……ほんの少しだけ、薬が残されていた。

(きっと、○○はどこかで間違っちゃったんだ)

(間違って大人になっちゃったんだよね)

○○「ネロ、それは…ー」

手元の小瓶に気づいた彼女が、ハッとしたように顔を上げた。

ネロ「でも、大丈夫だよ」

○○「……っ!」

○○の手首を掴むと、強引に床に押し倒した。

ネロ「俺があんたを……綺麗にしてあげる」

○○「ネロ……やめて……!」

抵抗しようとする○○の体を床に縫い止めて、薬の小瓶を、その口元へ寄せる。

ネロ「あんたは俺と一緒にいたいから、俺が好きだから……追いかけてきたんだろ? ……でも俺、大人は嫌いなんだよ。 だから、一緒にいられるようにしてあげる」

見開かれた○○の、瞳に、恐怖の色が映っている。

(怖くないよ……)

ネロ「心配しないでいい……。 痛くもなんともないし、これを飲めば、穢れたあんたの体も綺麗になる。 俺達の仲間になれるよ」

○○「でも、そんなのは……」

これまで言葉を発しなかった彼女が、小さく抵抗の意志を示す。

(追いかけてきたくせに、なんでためらうの!)

(嫌だよ……)

絶望的な気持ちが込み上げ、目頭が熱くなってくる。

(俺、あんたに裏切られたら……本当に死んじゃうくらい悲しいよ)

(悲しくて悲しくて……あんたをきっとどうにかしちゃうよ……)

(だから……そんなことが起こらないために……)

ネロ「子どもになろう?そうすれば、幸せになれるよ」

ねだるように囁いて、今度こそ小瓶をその唇に押しあてる。

(綺麗な唇……これが子どもの姿になれば、もっと……綺麗なんだろうな)

うっとり目を細めると、○○の唇がぴくりと動いた。

(ああ、俺、やっぱりあんたのこと……)

ネロ「あんたのこと……大好きだ……だから、ねえ……お願い」

気がつけば、そう懇願するでも甘えるでもなくつぶやいていて……

彼女の口内へ、薬を流し込んでいた。

○○「っ……ん……」

一瞬、震えた体が……やがて小さくなっていく。

(これで、完璧だよ)

ネロ「ようこそ○○……俺と一緒に、終わらない夢を」

俺の腕の下で、子どもの姿になっていく○○のことが愛しくて……

そのあどけない顔に、頰を擦り寄せたのだった…ー。

おわり。

<<月最終話



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする