月最終話 彼の秘密

姉妹のお客様を前に、私は不安になりながらも……

(那由多さん…何か考えがあるのかな)

気持ちを切り替え、私は心を込めて二人を案内する。

姉「恋の病に効くって本当なの?」

○○「それは……」

ーーーーー

那由多「あの温泉は、温度も成分も肌にちょうどいいから、元は美肌の湯って言われてて…。 綺麗になると自信がついて恋が上手くいくから、恋の病に効く温泉だって、俺はそう言ってるんだ」

ーーーーー

彼から教えてもらったことを伝えると……

姉「美人になる温泉が、恋の病に効くなんて強引だわ。 恋が叶う温泉でも、あるまいし……」

お姉さんは声を詰まらせる。

(あ……)

切なげなその顔から、彼女が誰かに恋をしていることがうかがえた。

そしてそれが、叶わないものだということも…ー。

○○「……わかります」

姉「え?」

○○「私も恋をしているんです。その人、近くにいるのに、とても遠い存在に思えて。 その人が笑う度に、胸が痛くなって」

すると…ー。

姉「……わかるわ」

○○「え?」

姉「私も同じ気持ちだった。でも結局、伝えられないまま終わって。 食事も喉を通らなくなって……体を悪くして」

溢れだす想いをこぼすように、お姉さんは終わった恋について話し出す。

妹「姉さんは、駄目でも気持ちを伝えればよかったって、思ってるんだよね?」

姉「ええ。だから…ー」

後悔して欲しくない、お姉さんは私にそう告げた。

(那由多さんは、わかってたんだ)

(お姉さんが、恋の病にかかっていることを…)

……

その後、姉妹は恋の病に効く温泉へと入って行った。

(後悔しないように、か……)

彼女の言葉を思い返していた、その時…ー。

番台「姫様!王子を知りませんか?」

○○「いえ。那由多さんいないんですか?」

番台「そうなんですよ。空き時間、たまにふらりととどこかに行っちゃって」

(……那由多さんらしいといえば、らしいけど)

番台「今、手が離せなくて…申し訳ありませんが、探してもらってもいいでしょうか」

○○「わかりました」

……

あちこち探したけれど、那由多さんはどこにもおらず…ー。

(どこに行ったんだろう)

途方に暮れていると、夜風に乗って弾むような鼻歌が聞こえてきた。

(この声は…)

歌声をたどり、元いた『恋の病に効く温泉』にやってきた。

○○「那由多さん?」

そっと、中を覗き込むと…ー。

那由多「え!わああっ!」

温泉に足を浸けていた那由多さんが、飛び上がった。

あまりの驚きぶりに私も驚く。

○○「ご、ごめんなさい!驚かせてしまって…ー」

(……って、え?)

那由多さんの頭から出ている猫耳に気づき、息を呑む。

那由多「……っ!」

彼は耳を手で隠そうとするけれど、ふんわりした毛が丸見えで…ー。

(……かわいい)

そのかわいらしい耳に誘われるそうに、私は彼の傍まで行って腰を下した。

那由多「バカ!こっち見るな! ……ああ……完全に油断してた」

○○「あ……すみません!見られたくないものでしたよね……」

那由多「や、ちょっと時間があるからって、サボってたのは俺だから……気にすんな」

けれど、彼の耳は完全に垂れていて……

(やっぱかわいい)

自然と口元が緩んでしまう。

那由多「あ、かわいいとか思っただろ?」

○○「い、いえ」

那由多「ほら、あっち向いて!」

○○「わっ…」

那由多さんは私の両肩を掴み、強引に方向転換させた。

那由多「……はい。もういいよ」

振り返ると、那由多さんはもう猫耳をしまったいつもの姿だった。

○○「さっきは、すみませんでした」

那由多「もう言うな。で、なんだよ」

○○「あ……番台さんが、探してて」

那由多「なら大丈夫。ちゃんと仕事はしてたから」

喉を鳴らすように那由多さんは笑って、それから……

那由多「それだけ?」

突然に顔を近づけられ、鼓動がうるさくなる。

○○「あの…ー」

那由多「あの姉妹、ちゃんと湯に入ったんだってね。ありがと。 お前に任せて正解だった」

にっと瞳を細める彼は、もうすべてを察しているように思えて……

ーーーーー

姉「私も同じ気持ちだった。でも結局、伝えられないまま終わって」

ーーーーー

(…ちゃんと今、伝えなきゃ)

私は、まっすぐに彼を見つめた。

○○「私…那由多さんが好きです。 ここを去る人達と同じように…那由多さんと別れたくない」

揺れていた彼の尻尾が、ぴたりと止まる。

(いきなりすぎた……?どうしよう)

破裂しそうな心臓を押さえながら、顔をうつむかせると…

那由多「あんな情けない姿見られて、でも好きなんて言われたら……断れないだろ」

顔を上げれば、優しい眼差しを向ける彼と目が合った。

那由多「なあ、なんで俺がここにいたか、わかる?」

○○「え……?」

すっと伸びた彼の腕が、私を引き寄せる。

○○「……!」

那由多「最初は、面白い娘だと思った。でも客と接する○○を見てたら気づいた。 俺も、恋の病にかかってたみたいだ。しかも、かなり重症の」

その言葉が、私の心にじわりと溶け入っていく。

那由多「ん……そういうことだな」

那由多さんに顔を覗き込まれ、髪を柔らかに撫でられる。

(温かい……)

彼の温もりに心まで浸かり、この上ない幸せが広がっていく。

恋の病に効く温泉からは、柔らかに立ち上る湯気と共に、どこか甘い香りが漂っていた…ー。

おわり。

<<月7話