月最終話 君に捧ぐ桜

襖の隙間から、室内の明かりが漏れている。

私は薄暗い廊下に立ち尽くしたまま、襖を開くことをためらっていた。

(楓さん……)

襖からわずかに見える楓さんの横顔がとても綺麗で、声をかけることができない。

ゆっくりと視線をずらすと、楓さんの手元に筆が見えた。

(楓さん、絵を描いてるんだ)

大きな机の前で、何かを熱心に描いている。

(あんなに真剣に……? 今は何を描いてるんだろう)

その絵を少しでも見たくて、視線をずらそうとした時…-。

楓「覗き見?」

〇〇「!」

勢いよく襖が開いて、私を見下ろす楓さんと目が合った。

〇〇「あ、あの」

楓さんは襖の木枠に肘をかけ、口の端を上げて笑う。

楓「覗き見なんていい趣味してるね。思ったよりもやらしい子なのかな?」

私は慌てて、手にしていた瓶を差し出した。

〇〇「覗いてしまって、ごめんなさい。 でも、覗き見をしようとしていたわけではなくて……」

楓「あ……」

〇〇「お部屋に忘れていたので」

楓「俺としたことが……ありがとう」

楓さんはそう言って、瓶を受け取った。

楓「でも、寝ていてよかったのに。こんなことのために、わざわざ……」

〇〇「いえ……楓さんがいなくなったお部屋は、少し寂しくて」

楓「……」

楓さんは驚いたように私を見つめてから、口元に笑みを浮かべた。

楓「中に入る?」

〇〇「……いいんですか?」

楓「どうぞ」

楓さんに手を差し出され、そっとその手を取る。

私は絵の具の香りが漂う部屋に、足を踏み入れる。

すると、楓さんの描いていた絵が視界に飛び込んできた。

〇〇「すごい……」

室内に置かれた机の上いっぱいに、紙が広げられている。

そこには、美しく咲き誇る満開の桜が描かれていた。

楓「完成するまでは秘密にしておきたかったんだけどね。 誰かさんが、あんまりにも寂しそうな顔をしていたから」

楓さんが、意地悪そうな顔で言葉を紡ぐ。

〇〇「……すみません」

楓「冗談だよ」

楓さんは私の背後に立ち、そっと肩に触れる。

〇〇「綺麗です……」

(何か、感想を言いたいのに……)

圧倒的な桜の美しさをうまく言葉にすることができず、言い淀んでしまう。

〇〇「本当に、すごくて……」

(まるで、そこに桜があるような……)

楓「無理しなくていいよ。熱のせいかな。顔が少し赤い」

楓さんは心配そうに私の額に触れた。

〇〇「大丈夫です。ただ、感動してしまっただけなので……。 でも、どうして桜を? 楓さん、桜の絵は描かないって……」

ふと湧き上がった疑問を、楓さんに問いかけてみた。

楓「ああ。描かないつもりだったよ。でも……」

不意に、背後から楓さんに包み込まれ……

熱を持った私の耳に、柔らかい口づけが落とされた。

〇〇「あ……」

楓「君が言ったんでしょ? 俺と桜が見たいって」

楓さんの低い声が、耳に心地よく流れ込んでくる。

―――――

〇〇『楓さんと、桜、見たかったです……』

―――――

〇〇「楓さん……」

(あの時の言葉、覚えていてくれたんだ)

(ということは……)

―――――

楓『でもよかった。じゃあまだここにいるってことか』

〇〇『え……?』

――――――

(あんなふうに言っていたのも、もしかして……)

楓「これは、君だけの桜。他の誰にも見せない。 ……嬉しい?」

〇〇「……嬉しいです」

頷くことに精一杯で、楓さんの顔を見ることができない。

目の前の桜は、まるでそよ風に花弁を揺らしているように見えた。

(風を感じる……)

(本当に、楓さんと一緒に桜を見ているみたい)

抱きしめられた体から、鼓動が伝わってくる。

楓「……体、熱いね」

(それは……熱のせいかな……)

ほのかに絵の具の香りがする楓さんの手は、やけに冷たく感じられて……

その手にそっと頭をもたせかけながら、私は桜と楓さんに心乱されていったのだった…-。

おわり。

<<月7話