月7話 苦い薬と甘い看病

―――――

楓『でもよかった。じゃあまだここにいるってことか』

〇〇『え……?』

―――――

楓さんが、いたずらっぽい笑顔で私を見つめている。

(どういうこと……?)

言葉につまっていると、彼は私の枕元に腰を下ろした。

楓「はい、薬」

〇〇「ありがとうございます」

起き上がり薬を受け取ろうとすると、楓さんが手で制止する。

楓「何してるの。口開けて」

〇〇「薬くらい一人で飲めますから……」

楓「駄目。病人は甘えてればいいの」

〇〇「……」

楓「はい、あーん」

私は言われるがまま、小さく口を開けた。

苦い薬と、冷たい水が喉を通り過ぎていく。

〇〇「……ありがとうございます」

楓「どういたしまして」

薬を飲んだ後、私はもう一度横になった。

楓「もう一晩くらい寝てれば、よくなるかな?」

〇〇「ごめんなさい、長居してしまって」

楓「大丈夫だよ」

〇〇「あの……桜はまだ咲きませんか?」

楓「開花が遅れているみたいで、たぶん君が滞在している間は咲かないよ」

淡々と事実を語る楓さんを見て、小さく息が漏れた。

〇〇「残念です……」

楓「一週間くらい寝込んでてもいいんだよ?」

〇〇「え」

楓「それとも、もう一度風邪をひかせてあげようか」

楓さんが意地悪そうな笑みを浮かべて私を覗き込んだ。

〇〇「そんな……」

布団に横になったまま、私は微かに首を振る。

楓「冗談だよ……じゃあ、ゆっくり眠るんだよ」

〇〇「ありがとうございます」

楓さんは立ち上がり、静かに部屋を出て行った。

楓さんがいなくなった室内は、痛いほどの静寂に満たされていく。

(なんだか、寂しいな……)

ふと枕元に目をやると、水差しの他にもう一つ、瓶に入れられた水が置かれていた。

(これは……?)

透明の水は、ほんの少しにごっているように見える。

(もしかしてこれ、絵を描くためのお水……?)

(それなら、楓さんが忘れていったのかも)

(きっと、ないと困るものだよね……)

私はゆっくりと体を起こした後、瓶を手に取る。

……

薄暗い廊下は、青白い月明かりにぼんやりと照らされていた。

そっと足を進める度、廊下の冷たさがひやりと足元を伝う。

(楓さんのお部屋は、確かこの辺り……)

襖から漏れる月明かりに、足を止めた。

〇〇「楓さん……」

声がかすれているせいか、中からの反応はない。

そっと、襖の隙間から中を確認すると、わずかに楓さんの横顔が見えた。

楓「……」

〇〇「!」

その表情に、襖を開きかけた手が思わず止まってしまった…-。

<<月6話||月最終話>>