月最終話 君の魅力

午後の中庭に、穏やかな陽射しが差し込んでくる。

アリスのカップを手にした私の前で、マーチアはにっこりと微笑んで……

マーチア「きっとこのカップも飾られたままより、君みたいな子に使って欲しかったんだな」

〇〇「え…―?」

彼の言葉の意味をとらえきれずにいると、マーチアが静かに瞳を閉じた。

マーチア「すっごい偶然だと思うんだ」

〇〇「偶然?」

マーチア「オレ、初めてだったんだ。これ使ったの。 飲みかけのまま置いてっちゃったけど……そしたら、君がこれを見て、綺麗にしてくれた。 なーんか、運命感じちゃうよね」

カップと、私を見るマーチアの目が幸せそうに細められる。

〇〇「そうだったんだ……」

マーチア「ホントに、特別な気持ちなんてなかったんだ。ただ、なんとなくこのカップを使ってみただけ」

クスクスと、マーチアは楽しそうに笑いながら、クッキーを摘み上げた。

そして…―。

マーチア「はい、〇〇ちゃん。あーん…―」

〇〇「え?」

マーチア「ほらぁ、恥ずかしがらないで口開けてよ」

控えめに唇を開くと、彼の指から丸いクッキーの端が口の中に押し込められる。

真白い粉砂糖に包まれたクッキーが、口の中でほろほろと崩れていく。

〇〇「おいしい……」

少しだけ気恥ずかしくて、その気持ちをごまかすように紅茶を口に含む。

マーチア「ふふ……アリスもこんな感じだったのかな」

〇〇「え?」

マーチア「そのカップを使って、オレのおじいちゃんがこうしてその前に座って…―」

〇〇「マーチア……うん、きっとそうだよ」

アリスとマーチアのおじい様が過ごしたのは、きっと今みたいな楽しい時間……

その情景を思い描いて、胸が温かい気持ちになった。

すると…―。

マーチア「……君の唇、マシュマロみたいで美味しそうだな。 ねえ、前みたいに味見してもいい? いいよね?」

〇〇「えっ……!」

突然に、身を乗り出して唇を近付けてきたマーチアの肩を、慌てて押さえる。

マーチア「ちえっ、ケチ臭いの、減るもんじゃないのに」

可愛らしく唇を付き出して文句を言うけれど、目元は楽しそうに笑っている。

(もう……)

その時…―。

庭に心地の良い風が吹いて、一枚のバラの花びらが、紅茶の注がれたティーカップに舞い落ちた。

マーチア「ふふ、このバラの花びらは、逆に君に食べられたいみたい」

花びらの浮かんだカップの縁を指先でなぞって、マーチアがくすりと笑う。

私もその笑顔に続くように、赤い花びらの優雅さに微笑んだ……

……

楽しいお喋りと共にお茶会は幕を閉じて、私達は一緒に片付けをすることにした。

大切なアリスのカップは丁寧に、包み込むようにして洗う。

すると、お皿を戸棚にしまっていたはずのマーチアがいつの間にか私の後ろに立って……

突然に背中から抱き締められて、胸が大きく音を立てた。

(マーチア……?)

いきなりのことに、ティーカップを洗っていた手がぴたりと止まってしまう。

マーチア「ホント、君っていいお嫁さんになりそう」

〇〇「……っ」

マーチアの長い耳が首筋に触れて、くすぐったい。

マーチア「柄でもないんだけど、街の子達とは違う君のこういうとこ見てると……。 刺激のない普通の生活も、悪くないかなって思っちゃう……」

〇〇「マ……マーチア?」

いつもの彼とは違う甘い囁き声に、つい後ろを振り向こうとすると……

マーチア「だーめ、今オレの顔見ないで。ちょっと恥ずかしいこと、言っちゃったかもって顔してるから」

かすかに声を小さくして、私の首筋に鼻をすり寄せる。

マーチア「ふふ……〇〇ちゃん、いい匂い。 紅茶や花の匂いもいいけれど、石鹸の香りのする女の子も素敵だね」

クスクスと幸せそうに耳元で微笑まれて、頬が熱を帯びていく…―。

マーチア「ね、〇〇ちゃん、また今日みたいにオレと二人っきりのお茶会、してくれる?」

〇〇「あ……あの」

とびきりの甘い声が頭に響いて、恥ずかしさに答えられずにいると…―。

マーチア「やっぱり、返事は聞かない。ダメって言われても、オレきっと誘っちゃうから」

迷う私の言葉を遮るようにマーチアは言い切って、私を抱きしめる腕に力を入れた。

(温かい……)

さらに高鳴る心臓の音に、頭の中を熱くさせながら……

彼の腕の中で、私は静かに頷いたのだった…―。

おわり。

<<月7話||月SS>>