月6話 カップを綺麗に

―――――

マーチア『だって、君、笑った方が可愛いよ。 いつも真面目な顔してるから気付かなかったけど、君ってこんなに可愛かったんだね』

―――――

あの時から、マーチアは私に対して心を開いてくれるようになった。

ある日、彼に呼ばれて部屋を訪れると…―。

(あれ……マーチア、留守かな?)

(呼んでおいて留守にするなんて、マーチアらしいけど)

奔放な彼の性格に、私も今では慣れてしまっていた。

マーチアを待つため、椅子に座ろうと視線をテーブルに向けた時…―。

〇〇「あ…―」

テーブルの上に、先日見たアリスのティーセットが置きっぱなしになっていた。

―――――

マーチア『これ。もうずっと前に死んじゃった、オレのおじいちゃんの宝物なんだよね。 なんでもずーっと昔、このティーセットを使ってアリスとお茶会をしたんだって」

―――――

ティーセットは随分と古い物なのか、陶器の表面がくもってしまっていた。

(どうしよう……綺麗にしてあげたいけど)

(マーチアのおじい様の大切な物を、勝手に触るなんて)

けれどよく見ると、マーチアが使っていたのか、カップの中には少しだけ紅茶が残っていた。

(また染みになるといけないし……洗っておこう)

……

私はティーセットを持って城の厨房へ行って、それを丁寧に洗ってから布で磨いた。

そして……

部屋に戻り、磨き終えたティーセットをいつも飾ってある場所に戻した時…―。

マーチア「あれ? あれあれあれ? なんかこのカップ新品みたいにピカピカになってない?」

ちょうどマーチアが、部屋に戻ってきた…―。

<<太陽SS||月7話>>