月SS なんでもないお茶会

時刻はもうすぐ3時を迎える…―。

オレは、○○ちゃんとのお茶会のために、ある物を取りにこの部屋に来ていた。

マーチア「まじでピッカピカ」

棚からお目当ての物を取り出し、それを眺める。

何年も昔、アリスがこの国に訪れた時に、じじいとのお茶会で使ったティーカップ…―。

最近まで古ぼけて曇っていたそれは、今は美しく光り輝いていた。

マーチア「隠れていただけで、本当はこんなに綺麗なカップだったんだ」

(まるで○○ちゃんみたい)

このカップを磨いてくれた彼女のことを思い浮かべる。

(大人しくて、ただそこにいて……)

(他の女の子がいると、見えなくなっちゃいそうな、地味な女の子……)

マーチア「だと思ってたんだけどな~」

(オレは、このカップみたいに、今まで気づけなかったんだ)

(本当は誰よりも光り輝いている、綺麗な女の子だったってことに)

(毎日たくさんの女の子と、楽しいことをしていれば幸せって思っていたけど……)

(そこにいるだけで幸せって、それって結構すごくない?)

マーチア「もしかして、じじいもこんな気持ちだったのかな……」

ふと、じじいのことを思い出した。

じじいはアリスのことを、オレには全然教えてくれなかった。

(教えるのが、もったいなかったのかもな……こんな特別な気持ち)

マーチア「まあ、いない人間の気持ちを考えたって、わかるわけないか」

考えるのがめんどくさくなって、オレはカップをトレイの上に乗せた。

マーチア「さあ、○○ちゃんとのお茶会が始まっちゃう」

高鳴る気持ちを抑えて、オレは彼女との楽しいお茶会へと向かった。

時計が、午後の3時を告げた。

……

お茶会が終わり、オレと○○ちゃんで後片付けをする。

といっても、ほとんど彼女が片づけているようなものだけど。

(メイドに任せればいいのに、○○ちゃんって、やっぱ真面目)

(まあ、それがいいって思っちゃってるんだけどさ)

食器を棚に戻しながら、○○ちゃんを見る。

彼女は、アリスのカップを両手で包み込むようにして優しく洗っている。

(あの時も、こうやって洗ってくれたんだ……)

(あんなに大切そうに)

心のこもった洗い方に、彼女の優しさがにじみ出ている気がした。

不意に胸が音を鳴らす。

(やばい、今すぐ欲しくなっちゃいそう)

溢れそうな気持ちを抑えきれず、オレは○○ちゃんを後ろから抱きしめた。

マーチア「ホント、君っていいお嫁さんになりそう」

○○「っ……!」

腕の中で彼女が恥じらうように体を震わせた。

(それさえも可愛い……)

マーチア「柄でもないんだけど、街の子達とは違う、君のこういうとこ見てると……。 刺激のない普通の生活も、悪くないかなって思っちゃう」

(うまく説明できないけど、そんな感じ)

(華やかじゃなくても、そこにいるだけでいい)

(彼女のちょっとした仕草がいい。彼女のちょっとした優しさがいい)

(すごく大切にしたくて、大切にされたいような……)

(もしかして、こういうのが本当の恋?)

行き着いた答えに、オレ自身が恥ずかしくなって、顔が熱くなっていく。

(うわ~……オレ、恥ずかしいこと言ってる……)

○○「マ……マーチア?」

(きっと顔が真っ赤になってるよ……)

だから、○○ちゃんが振り向こうとしたのを、オレは慌てて遮った。

マーチア「だーめ、今オレの顔見ないで。ちょっと恥ずかしいこと、言っちゃったかもって顔してるから」

(こんな格好悪いところなんて見せなくないって)

(好きなら……なおさら……)

ふと、○○ちゃんの甘い香りが鼻先をくすぐった。

マーチア「ふふ……○○ちゃん、いい匂い。 紅茶や花の匂いもいいけれど、石鹸の香りのする女の子も素敵だね」

首筋に顔をうずめて、彼女をいっぱいに感じる。

(こうしているだけで、幸せを感じられるんだから)

(キミ、結構凄いんだよ?)

心の中だけで、彼女に問いかけた。

マーチア「ね、○○ちゃん、また今日みたいにオレと二人っきりのお茶会、してくれる?」

(たぶんオレは、毎回こんな幸せを感じられるから)

○○「あ……あの」

○○ちゃんは、すぐに返事はくれなくて、戸惑ったような声をあげた。

それが少し不満だけど、彼女らしくて笑ってしまった。

マーチア「やっぱり、返事は聞かない。ダメって言われても、オレきっと誘っちゃうから」

(そう、返事なんていらない。オレがそう決めちゃったんだから)

(彼女と一緒にいたいって、ね……)

……

それから……結構日にちが経って…―。

今日は○○ちゃんとの何回目かのお茶会。

マーチア「あれ? 今日のお茶会って何回目だっけ?」

○○「えっと………」

○○ちゃんが一生懸命、指折り数え出す。

それを見てオレは思わず笑ってしまった。

マーチア「不思議だよね~」

○○「え?」

マーチア「だってさ、外にはカジノとか、買い物とか楽しいことがたくさんあるのに。 オレってば、今日も○○ちゃんとお茶会してる。 こんな、なんでもな~い普通で地味なお茶会なのにさ。 不思議~」

○○「そう……だよね……」

彼女が落ち込んだように、視線を落とした。

(ああ、もう。ま~た暗いほうに考えてる)

マーチア「ねえ、わかってる?」

○○「え?」

オレは、テーブルの上に身を乗り出すと、彼女にキスをした。

マーチア「そういうなんでもないお茶会が、他のどんなことよりも楽しいって言ってるんだよ」

○○「マーチア……」

彼女は頬を染め、長いまつ毛を伏せる。

マーチア「○○ちゃんのキス、甘くておいしい」

○○「っ……!」

わざと自分の唇を舌で舐めた。

彼女の顔が見る見るうちに真っ赤に変わっていった。

マーチア「さあ、なんでもないお茶会、始めよっか」

開始の合図のように、彼女の唇に、またキスをした。

(なんでもないお茶会……)

(けど、最高のお茶会!)

テーブルの上でアリスのティーカップが太陽の光をはじいて輝く。

それはすごく目映く、美しかった…―。

おわり。

<<月最終話