月SS 僕のための君

真琴「……なら僕は、ここで死ぬよ」

○○「真琴君……?」

僕の言葉を聞いた○○の顔がみるみるうちに青ざめていく。

真琴「復讐は僕の生きる意味そのもの。それをやめろって言うんだったら……。 僕にここで、死ねってことでしょ?」

○○「そんな……!」

すがるように僕を見つめる○○の表情が、たまらなく僕をそそる。

真琴「……くくっ! あはははっ! いいね、その顔。最高!」

○○「……!」

(ああ……いい。最高だ)

(その顔があれば……)

真琴「そうだなあ……。 君が代わりになってくれたら、復讐を止めてもいいかも」

○○「え……」

真琴「どうするの? ○○」

○○「えっ……」

(何だよその反応)

(僕の心を、ここまで揺さぶっておいてさ)

○○の戸惑った声に、少し苛立ちを覚えてしまう。

真琴「君が、こいつらの代わりに僕の生きる理由になってくれるのなら。 僕は復讐を止めてもいいよ」

けれど○○からは、いつまでたっても返答がない。

真琴「……そう、できないんだ。 できないなら……」

(多分……こうしたら君は首を縦に振るだろう?)

男「ひっ……!」

今度は上半身を捻じってやろうと、男の方を向いた時…―。

○○「ま……待って! わかった!!」

(……遅いんだから)

○○の声が聞こえて、僕は笑みをこぼした。

真琴「ありがとう! ○○なら、そう言ってくれると思ってた♪」

○○「でも……私、どうすれば……」

真琴「こういうことだよ♪」

僕の瞳が○○の体の自由を奪う。

彼女の体がびくんと揺れ、やがて僕の意のままに動くようになった。

真琴「さあ、帰ろうか……」

○○の表情は、さっきよりも一層苦しげに、怯えたように歪んでいる。

(やっぱり……たまらないな)

恍惚感が溢れ、僕の胸の高鳴りを大きくしていく。

真琴「いい顔してるね……大好きだよ、その顔」

この上ない高揚感に支配され、僕は満面の笑みを浮かべた…―。

……

○○と家に戻った、その後…―。

真琴「……愛して、くれないの?」

○○の体を支配しながら、ねだるように彼女に聞いてみる。

けれど彼女は戸惑うばかりで、その答えは返ってこなくて……

(違う。僕はもっと……)

真琴「なら……」

机に置いてあったナイフを手に取り、自分の首にあてがう。

○○「やめて……! お願い……!」

(そう……そうだ、その顔だよ!!)

真琴「……くくっ! あははは! かわいい顔!」

(君の苦しむ顔こそが、一番可愛い!!)

真琴「もっともっと、僕のために苦しんでよ!」

○○「……っ」

(? どうしてそんな顔するの?)

(哀しい顔なんて見たくないんだけどな)

なおも動揺を見せる彼女を見て、僕は泣きそうになってしまう。

真琴「復讐だけが……あいつらを殺すことだけが、僕の生きる理由だったんだよ。 でも○○は……僕の生きる理由になってくれるって言ったよね」

(ねえ、頷いて)

真琴「僕ね、嬉しかったんだよ。 だから……僕の前から、いなくならないでね?」

(ねえ、笑って?)

○○はゆっくりと頷いて、やがて笑みを浮かべてくれた。

真琴「うん、いい笑顔だ」

その笑顔に満足した僕は、虫籠の中の蝶を一斉に蜘蛛のいるガラス箱へと放つ。

真琴「僕にはもう君がいるから……こいつらは必要ない」

自由を喜び羽ばたいた蝶達が、次々に蜘蛛の餌食になっていく…―。

○○「……っ!」

(……最高にいいね)

目を伏せる○○の顔を見て、僕の全身に悦びが駆け巡る。

真琴「やっぱり君のその苦痛に歪む顔が……一番ぞくぞくする」

僕は見つけてしまった。

復讐しかないと思っていた僕にとっての、生きる理由を…―。

真琴「これからは、それだけを楽しみに生きるよ」

そう囁きかけ、○○を抱きしめる。

○○「……」

真琴「君が……好きだよ。 ずっと僕の傍にいて、僕を愛してよ」

言葉にするたびに、○○への想いが溢れ出す。

(君の可愛い顔が見たい)

(君のことを支配したい)

(君の全てが……欲しい)

真琴「そうでなければ、また復讐をしないといけない……。 父さんと母さんの代わりに僕をかわいがってくれた、あの人達に……」

(あいつらを滅茶苦茶にするためにずっと生きてきた。けど今は……)

ありったけの愛おしさを込めて、僕は彼女の名前を呼ぶ。

真琴「ね……○○? 僕、○○がいないと、死んじゃうよ……」

(僕が生きるために、苦しんで)

たとえば明日○○がいなくなったら、僕も、もういなくなる。

僕にとっての生きる希望を、壊さないように傷つけるにはどうしたらいいのか、僕はそんなことを考え続けていた…―。

おわり。

<<月最終話



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする