月最終話 皆で街の再建を

私が街で、ある行動を起こし始めてからしばらくの月日が流れた。

大案山子一号を暴走させてしまったリーヤさんは、塞ぎ込んだままだったけれど…-。

リーヤ「……〇〇。カラス共、襲ってきていないってな」

リーヤさんが、ふと 何かを思うかのように口を開いた。

〇〇「はい。このところは、平和みたいです」

リーヤ「そっか……」

〇〇「リーヤさんの、おかげですよ?」

控えめに言うと、リーヤさんは、ほんの少しだけ笑ってくれた。

リーヤ「街の人の被害も、怪我人が数人で済んだし……」

〇〇「はい」

リーヤ「旅にでも出るか」

〇〇「……!」

思いもよらなかった発言に、面食らってしまう。

リーヤ「久しぶりに……オズワルドのとこにでも、行ってみるかな……」

〇〇「……リーヤさん」

沈んだ声がたまらなくて、私はリーヤさんの手を取り歩み出した。

リーヤ「〇〇……?」

〇〇「ついてきてください」

私達は、市街地へと向かった…-。

そして…-。

リーヤ「なんだ、これは……」

リーヤさんが、目を丸くして足を止めた。

そこには、立派に家を建て直す人々の姿があった。

リーヤ「嘘だ……信じられない……こいつらが、考えて再建するなんて……」

〇〇「私が、声をかけさせてもらいました」

リーヤ「お前、が……?」

〇〇「はい。でも少しだけです。その後は、皆さんが自分で……」

リーヤさんは、本当に信じられないものを見る目で彼らを見ている。

〇〇「皆、自分達で考えてリーヤさんのために街を再建しているんです」

(だからひとりぼっちでやっていくなんて、もう……言わないよね?)

街の人1「リーヤ様だーっ!」

煉瓦を積み上げていた街の人が、リーヤさんに気がついた。

街の人2「っ! リーヤ様! リーヤ様!!」

あっという間にできる人だかりに、リーヤさんは困惑気味に眉を寄せる。

リーヤ「……俺のこと、怒ってねーのか……?」

街の人3「怒る?リーヤ様は怒るんですか?」

リーヤ「ちげーよ!俺が、その……でっけえ案山子でぐちゃぐちゃにしちまっただろ!」

街の人4「あーっ、ぐちゃぐちゃにやっつけた!」

街の人5「カラスをやっつけてくださったリーヤ様!」

街の人6「リーヤ様! リーヤ様!!」

やはり困った顔で立ち尽くすリーヤさんに、私はそっと寄り添った。

〇〇「皆、リーヤさんが英雄だとしか思ってませんよ。 リーヤさんに喜んでほしくて、感謝を伝えたくて、街を再建するって……」

リーヤ「皆……」

〇〇「それに、どの工事も皆、リーヤさんに教わったって言ってました。だからそれを元に、立て直せるって」

リーヤ「そっか……そ、っか……」

リーヤさんが、声を震わせながら帽子を目深に被った。

と、次には顔を上げ、満面の笑顔になっている。

リーヤ「おい、ここ!この組み方でいいっつったかー? おいおい、そこはもっと、土を増やさねーと駄目だろ!」

あっという間に、以前のリーヤさんが戻ってきた。

手際良く指示を出し、皆を力強く先導していく。

〇〇「やっぱりこの国は、リーヤさんがリーダーでなきゃ駄目ですね」

リーヤ「っ……でも、こんな馬鹿だぞ」

街の人1「リーヤ様は、すごい人。天才……」

リーヤ「だから、ちがっーー」

街の人2「でも、失敗もする。街も壊す!」

街の人3「間違える。俺達と一緒!」

まばゆい笑みが、あっという間に皆の顔に広がっていく。

それを見たリーヤさんが、困ったように微笑んだ。

リーヤ「こいつら、ほんっと……馬鹿だよなー。俺もだけど」

きらきらと輝く太陽のような笑みが、どこまでも広がっていく。

リーヤ「俺も、一人だと思ってたけど、一人じゃなかった。 皆と一緒で、誰かを頼ったり考えたり悩んだり……するんだよな」

清々しいその笑みは、完全に心の澱を吹っ切ったかのようだ。

リーヤ「よし! 俺も、手伝うからなーっ!!」

街の人と一緒になり、リーヤさんが復興工事を始める。

(よかった……)

微笑ましい気持ちで、その様子を見つめていると…-。

リーヤ「すげー日差し……大丈夫か?」

リーヤさんが、かぶっていた帽子を私の頭にぐいと乗せた。

〇〇「は、はい、私は大丈夫です」

私も手伝っていた作業の手を止めて、リーヤさんを見た。

柔らかく清々しい視線が、私の視線を絡めとって……

リーヤ「ありがとな、〇〇」

〇〇「いえ。私はできることをしただけで……」

リーヤ「それが、すげー嬉しかった。 お前のおかげで、今がある気がするんだ」

〇〇「そんな、私は……」

リーヤ「いいから、もう謙遜とかやめろよ」

ふわりと、リーヤさんの手が私の頬に触れた。

(ドキドキして……)

速まる鼓動を抑えきれずに、頬も熱くなっていく……

リーヤ「ははっ……泥、ついてるし。こんなに、汚しちまって、さ」

リーヤさんの視線が、とても優しく細められる。

そっと、泥を拭った指先が、被せられた帽子を押さえたかと思うと…-。

〇〇「……!」

帽子に隠れた強引なキスが、落とされた。

情熱的に重なって、それからゆっくりと離れていく……

リーヤ「まだ、どこにも行かないでいてくれるだろ? これからも、俺のこと手伝って……支えてくれよ」

密やかな口づけと共に告げられた願いを断る理由などなくて……

リーヤ「いいだろ?うん、って言うまで、キス……し続けるぞ?」

〇〇「う、うん……!」

リーヤ「なんだそれ。それはそれで、傷つくだろー……!」

笑いながら、じゃれ合うように私達は……

これからの約束に、胸を熱くしていたのだった…-。

おわり。

<<月9話||月SS>>