月SS 案山子化計画遂行中

〇〇が、カラス一族撃退の計画を手伝うようになってしばらく…-。

リーヤ「おい、そこの計測器取ってくれ」

〇〇「はい」

リーヤ「あー、あとこれ、計算できる?」

〇〇「はい、やってみます……!」

ペンを手に、〇〇は設計図に向き合うけど……

〇〇「うーん……」

難しい顔をして、ぴたりと動きを止めてしまった。

(……ったく)

リーヤ「ほら、この公式をこうやって使うんだよ」

隣から手を伸ばし、書きかけの数式を完成させる。

〇〇「なるほど……!」

リーヤ「続き、やれそーか?」

〇〇「はい、なんとか……!」

そしてまた、〇〇は設計図と睨み合いを始めた。

(物好きな奴)

懸命に俺を手伝ってくれる、〇〇をまじまじと見つめる。

(なんか……久しぶりの感覚っつーか……)

俺の領の奴らは、自分の頭で考えるってことがどうも苦手だ。

何かあるとすぐに俺に頼ってきて、それはそれで最初のうちは俺も嬉しかったんだけど……

(いつからだっけなあ……寂しいだなんて思うようになったの)

この計画も、全部一人で考えて、進めてきた。

(こうして、誰かと一緒にやるなんて)

胸の奥が、なんかあったかくなってくる。

(あー……こいつがいてくれて、嬉しいんだな。俺)

心がソワソワして作業に身が入らなくなった俺は、〇〇に休憩を促した。

リーヤ「それにしても、お前……よく頑張ってるよな」

〇〇「え……?」

リーヤ「正直、どっかで逃げ出すんじゃねーかって思ってたけど……」

〇〇「リーヤさんは、すごく優しいのに……そんなことしません」

(優しい?……俺が?)

思いもよらない言葉に、俺は笑ってしまった。

リーヤ「俺が優しいって?お前、ちょっと頭おかしいんじゃねーのか」

〇〇「でも……皆、リーヤさんを慕ってるし」

リーヤ「そりゃ、俺の脳みそを頼りにしてっからだろ」

そう言ってから、少し後悔する。

(いけねえ……ちょっと卑屈だったか?)

(でも、こいつと話してると、つい本音を言っちまう)

〇〇「そんなこと……!」

予想通り、〇〇は悲しそうな顔をする。

(……お前にそんな顔させたいわけじゃねえんだけどな)

(駄目だ、止まんねえ)

リーヤ「それに、つまんねーよ」

〇〇「え……?」

リーヤ「つまんねー……俺も昔は、ない頭必死に絞って、馬鹿って言われたくなくて……」

胸の内に秘めていた思いが次々にこぼれていく。

リーヤ「けど、望みが叶っちまって、今、天才って言われるようになれば。 これはこれで、ちょっと寂しいっつーか……マジで、ひとりぼっちみたいじゃん……」

(俺……今、どんな顔してんのかな)

気恥ずかしくなり、帽子で顔を覆い隠す。

(ずっと、寂しかったんだ……)

防止の隙間から、〇〇の小さな手が見える。

リーヤ「〇〇……」

〇〇「……!」

つぶやくように名前を呼んで、俺はその手を握りしめた。

リーヤ「もしさ……この計画が上手くいって国が守れるようになったら……。 俺、また昔みたいに旅に出たい。 昔みたいに、すげーモン探して心きらきらさせて、旅したいんだ……」

誰にも言えなかった、俺の気持ち……

〇〇は何も言わず、俺の手をただ強く握り返してくれた…-。

……

その後も俺達は作業を続けていたけれど…-。

リーヤ「おい、〇〇。今日はもうそろそろ…―」

気づけば随分時間が経っていて、俺は慌てて〇〇に声をかけた。

〇〇「……」

(あ……)

〇〇は、ソファに体を預け、静かな寝息を立てていた。

リーヤ「……疲れた、よな」

引き寄せられるように近づいて、その顔を覗き込む。

柔らかな髪が、長いまつ毛にふわりとかかっていた。

(……綺麗だ)

小さな唇に誘われ、息がかかるぐらいに顔を近づける…-。

リーヤ「……っ! 俺は、何やって…-」

大声を出しそうになり、慌てて口を閉じた。

(……あぶねー……)

顔を逸らし、彼女を起こさないように隣に座り込む。

俺の重みでソファがわずかに沈み込み、〇〇のまつ毛が震えた。

リーヤ「……お疲れさん」

そっと、彼女の髪を撫でてみる。

優しい感覚が、一日の疲れを吹き飛ばしてくれるみたいで……

リーヤ「なあ、これからも……俺についてきてくれるか?」

願うようにそう問いかける。

こんなにもドキドキと高鳴る自分の心臓の音を、俺は久しぶりに聞いたような気がした…-。

おわり。

<<月最終話