月最終話 藤目の恋

藤目さんと、疑似夫婦生活を過ごすうち……

彼は時折、原稿用紙に筆を走らせるようになっていた。

けれど……

藤目「……」

そんな彼の横顔に、どこか困惑の色が浮かんでいるように思えた…-。

あまりにもいい天気だったので、私達はピクニックに出かけていた。

藤目「結婚生活というものが、少し想像できるようになりました」

書き物をしている時の人を寄せ付けない雰囲気が嘘のように、藤目さんは穏やかに笑っている。

藤目「もう少し……あと何日か、取材させてくださいね」

その言葉を聞いて、不思議と安心をする自分がいた。

藤目「ピクニックなんてはじめてです」

お弁当を広げると、藤目さんは広げたスカーフの上に嬉しそうに座る。

〇〇「今日のお弁当は、卵サンドが入ってますよ」

ここ数日一緒に過ごしたおかげで、私は藤目さんの好物をほとんど把握していた。

藤目さんはバスケットから卵サンドを取り出し、美味しそうに頬張る。

〇〇「……いいお天気ですね」

私が言うと、藤目さんはそっと目を閉じる。

藤目「『「いいお天気ですね」、彼女が言い、私ははじめて瞼の裏に陽の光を……』」

彼は、こんな風に、自分が経験したことを文章にしているようだった。

藤目「……」

〇〇「藤目さん?見てください、蝶々が飛んでますよ」

声をかけると、藤目さんが優しく私に笑いかけた。

藤目「……『彼女の笑顔が、私の…-』」

藤目さんが、文章の一節をまた紡ごうとする。

けれど…-。

藤目「……」

藤目さんが、ハッとしたように目を見開く。

藤目「……いや、やめよう」

小さな声で、彼が囁いたような気がした。

(藤目さん?)

隣から顔を覗き込むと、彼の柔らかな笑みが向けられる。

藤目「…何でもありませんよ」

彼の様子が気になりつつも、その微笑みに包み込まれると、不思議と疑問は消えていく。

長閑な午後に、私は幸せな気持ちで瞳を閉じた…―。

……

その夜…-。

(まだ昏い……)

何となく目が覚めてしまい、私は水を飲もうと自分の寝室を出た。

(あれ……?)

居間から薄明かりが漏れているのが見える。

〇〇「藤目さん。まだ起きてたんですね」

声を掛けると、藤目さんがはっと振り返った。

彼の目の前には……大量の握り潰された原稿用紙が散らばっている。

〇〇「これ……」

私の足下に飛んで来た一枚を拾い上げると、

昼間のピクニックのことが書かれているのがわかった。

藤目「……駄目だ。 駄目なんだ……!」

藤目さんは、原稿用紙をビリビリと破きはじめる。

〇〇「藤目さん……っ!」

藤目さんを後ろから抱きしめて止めると、彼の手が震えていることがわかった。

藤目「……せっかく協力していただきましたが……私は貴方のことは書けません」

藤目さんは、今度は恐ろしく静かにつぶやく。

藤目「私は恋を知りました……それは、恐ろしいほどにドロドロとした感情だった」

〇〇「……え?」

藤目「……貴方を、愛しく思う。 貴方が愛しくて愛しくてたまらない」

震える彼の手が、私の髪をくしゃりと撫でる。

〇〇「……っ」

藤目「貴方のことを誰かに見せるなんて耐えられない……。 拗ねた顔……可愛らしい声……無邪気な笑顔。 ほんの少しでも、他の人に見せたくはない。 こんな恐ろしい気持ちを抱く男は……嫌ですか?」

どこまでも静かな声に、背筋が凍る。

〇〇「藤目……さん」

藤目「恋とは……美しいものではなかったのですね……」

苦しげに紡がれる声に、胸がひどく軋む。

藤目「貴方を……私だけの物語に閉じ込めておきたい……」

けれど、彼を拒むことなど、既に私にはできないのだった…-。

おわり。

<<月5話||月SS>>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする