月SS 文豪の嫉妬

○○さんとピクニックに行った、その日の夜…-。

藤目「はあ……」

居間で執筆をしていた私は、原稿用紙を丸め、適当に放り投げた後……

深いため息をつきながら、畳の上に大の字になって寝転がった。

藤目「……」

(……あの時……)

ーーーー

藤目『……書けないんです』

○○『書けない?』

藤目『ええ。もう何も浮かばない……恋愛小説家なのに、甘い言葉一つも浮かばないんです。 こんな私が受賞しては、賞の名を汚してしまう。次の一行を書ける気すらしないのに』

ーーーー

(あの時、私は失った感性を取り戻すために……)

(もう一度書けるようになるために、貴方に協力してもらったのに)

そっと目を閉じ、今はもう眠っているであろう○○さんの笑顔を思い返す。

藤目「胸が……苦しい……」

(きっとこの気持ちが、本物の恋……)

(それはわかってるのに、どうして……)

藤目「どうして、書けないのだろう……」

右手を天井に向けて真っ直ぐに伸ばした後、目を開いて、その手をじっと見つめる。

藤目「……。 はあ……」

私は畳の上に力なく手を下ろし、再び大の字になる。

藤目「……本当は、わかっているんだ。 私は、誰よりも魅力的に貴方を書ける。でも……。 …………見せたく、ない」

一人きりの部屋で、小さくつぶやいたその言葉は、私の心の中の濁りを、より一層強く搔き立てる。

(……貴方の魅力を綴るほどに、胸に湧き上がるこの気持ちが……)

(愛する貴方を、私だけが知るはずの貴方の顔を)

(他の誰かに見せるなんて、耐えられない)

(この醜く、恐ろしい気持ちは……)

藤目「……嫉妬……というものか」

寝返りを打ち、横向きの体勢になった後、気持ちを抑え込むかのように、胸の前で両手を組む。

(貴方のことは見せたくない)

(だけど貴方のことでなければ、執筆が進まない……)

藤目「このままでは、きっと……。 きっと私の作家生命は、終わってしまう……。 そうなれば、もう……。 ……貴方がここにいる理由が、なくなってしまう」

私は消え入りそうな声でつぶやいた後、勢いよく身を起こし、大きく息を吸い込んだ後、再び机へと向かう。

(書かなければ……)

(たとえ才能がなくとも、書くべき文が浮かばなくとも)

(貴方を、ここに繋ぎとめるために……)

愛しい彼女との幸せな日々を守るかのように、必死に筆を走らせる。

そうしてしばらくの後、書き上がった文を読み直していると……

○○「藤目さん。まだ起きてたんですね」

(えっ? あ……)

振り返ると、そこには愛しい彼女の姿があった。

○○「これ……」

○○さんは、畳の上に散らばった原稿の一枚を拾い上げ、わずかに驚いた顔をしながら目を通していた。

(……その、驚いた顔も……)

(原稿を読む時の、伏し目がちな目も、長いまつ毛も……)

(……っ。やっぱり、私は……)

藤目「……駄目だ。 駄目なんだ……!」

(貴方を、誰かに見せるなんて……!)

私は、目の前の原稿用紙を破きはじめる。

すると……

○○「藤目さん……っ!」

彼女は私を止めるかのように、後ろから抱き締めてくれた。

その温かさを感じながら、私は静かに口を開く。

藤目「……せっかく協力していただきましたが……私は貴方のことは書けません。 私は恋を知りました……それは、恐ろしいほどにドロドロとした感情だった」

(今こうしている間も、飲み込まれてしまいそうなほどに……)

○○「……え?」

藤目「……貴方を、愛しく思う。 貴方が愛しくて愛しくてたまらない」
 
震える手で、最愛の彼女の髪をくしゃりと撫でる。

○○「……っ」

(だから、私は……)

抑えねばと思えば思うほどに、胸の奥から気持ちがあふれ……

心の淵から、言葉となってこぼれていく。

藤目「貴方のことを誰かに見せるなんて耐えられない……。 拗ねた顔……可愛らしい声……無邪気な笑顔。 ほんの少しでも、他の人に見せたくはない。 こんな恐ろしい気持ちを抱く男は……嫌ですか?」

自分のものとは信じがたいほどの静かな声が、二人きりの空間に響く。

○○「藤目……さん」

藤目「恋とは……美しいものではなかったのですね……。 貴方を……私だけの物語に閉じ込めておきたい……」

(そんな私を、貴方はどう思うのでしょうか……?)

私は、彼女をどこか試すような目で見つめる。

けれど、どんな返事が来ようとも……

彼女を手放すことなど、既に私にはできないのだった…-。

おわり。

<<月最終話



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする