月最終話 それでもずっと傍に

私は恐る恐る小屋の中に足を踏み入れた。

〇〇「ヘラクレス?」

ヘラクレス「うう……うぁあぁ!」

〇〇「っ……!」

奥から聞こえた咆哮に、肌がびりびりと震える。

〇〇「ヘラクレス……!」

ヘラクレス「!」

彼の名前を呼ぶと、息を呑む声が聞こえた。

ゆっくりと奥へ進むと、金色の鋭い瞳が私を捉えた。

ヘラクレス「……どうして来たの?」

低く吐き出すような声…―。

明らかな拒絶に、心がくじけそうになる。

ヘラクレス「来ない方がいい。 今のオレじゃ……キミを壊してしまうかもしれない。 帰り道はきっと変な化け物も襲ってこないから……帰りなよ」

彼は私から逃げるように後ろを向いた。

〇〇「なら、ヘラクレスも一緒に帰ろう?」

ヘラクレス「……オレはここに残るよ」

〇〇「え……?」

ヘラクレス「もともと、ここに来るつもりだった。 ここはオレの母さんが、住んでいた場所なんだ。 小さい頃にオレから引き離されて、母さんはここに追いやられた。 全部、あの女のせいで……!」

苦しそうに吐き捨てると、彼は顔を手で覆った。

(あの女って、ヘラ様……?)

――――――――――

男「いかにも、これはヘラ様から賜った物。 あなたを消せと命を受けた時に」

〇〇「母上……? ヘラクレスを……消す?」

ヘラクレス「父上の新しい妃で、オレのもう一人の母……かな?」

――――――――――

(会ったことはないけれど……)

(継母……ヘラ様の存在が、こんなにヘラクレスを傷つけていたなんて……)

ヘラクレス「この国の邪魔者にはぴったりな場所でしょ?」

〇〇「そんな言い方……」

(自分を邪魔者だなんて、悲しい……)

大きな背中なのに、とても心細そうに見える。

ヘラクレスに近づくと、私は彼を後ろから抱きしめた。

ヘラクレス「!」

〇〇「ヘラクレスが残るなら、私も残る」

腕の中で、彼が体を強張らせた。

ヘラクレス「……キミは、バカなの?」

笑いを含んだ彼の声が、静かな部屋の中に響く。

ヘラクレス「さっきの見ただろ? オレは……人なんか簡単に壊せるんだよ。 〇〇ちゃんだって」

彼は肩越しに、私に冷たい視線を向ける。

〇〇「そんな言い方をしても、駄目だよ……。 だって、ヘラクレスが優しいって、私は知ってるから……。 私はヘラクレスが好きだから、離れたくない」

ヘラクレス「〇〇ちゃん……」

〇〇「……離れたくないよ」

彼は驚きに目を見開いた。

そして…―。

〇〇「っ……!」

力強い腕が、強引に私を引き寄せる。

そして、大きな手が私の顎を捕え、彼の唇が私の口を塞いだ。

〇〇「ん……っ」

呼吸もままならないまま、彼が唇の角度を変える。

押さえつける手の力強さに、私は彼の服にしがみつくことしかできなかった。

ヘラクレス「こんなオレが好きなんて……」

荒い呼吸を繰り返す私に、彼が苦悩の表情を浮かべた。

ヘラクレス「本当に、キミを捻り潰すかもしれないよ? 抑えられないんだ……この力を……」

〇〇「っ……」

抱きしめる腕の強さに、体が痛みを訴える。

ヘラクレス「キミが……すごく大切なのに……」

(苦しそうな声……)

〇〇「ヘラクレス……」

私は、彼の背中に腕を回した。

震える背中を優しく撫でる。

〇〇「それでも私は、傍にいたい……大丈夫だよ。きっと……。 ヘラクレスなら」

ヘラクレスの大きな手が、私の頬を掴み引き上げる。

狂気を含んだ瞳が、私を見つめて細められた。

ヘラクレス「なら、壊さない程度に、愛してあげるよ」

視界が回転する。

気がつくと、私は床に押し倒されていた。

〇〇「っ……!」

私の腕を床に縫いとめて、ヘラクレスが笑う。

ヘラクレス「オレの腕の中で、ずっと……」

金色の瞳が、暗い色を含んで輝く。

(ヘラクレス……)

熱いキスを受けながら、彼の体温を感じる。

燃えるような朝日が、室内を染め上げていった…―。

おわり。

<<月9話||月SS>>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする