月SS 抑えられない気持ち

〇〇ちゃんを森に残して、暗い道を一人歩き続けた。

オレを呼ぶ彼女の声が、まだ耳に残っている…―。

(こんなはずじゃなかった……)

(キミを傷つけるつもりなんか……)

ヘラクレス「違う……危ない道だってことはわかってた」

(だけどオレは止められなかったんだ)

(キミが……出会った時から優しかったから)

――――――――――

〇〇「あの、大丈夫ですか?」

ヘラクレス「もしかして、キミが助けてくれたの?ありがと~!」

〇〇「っ……!」

――――――――――

(オレはキミと一緒にいたいって思ってしまったんだ……)

(一緒にいればいるほど、オレにも誰かを笑わせられるんだって、そう思えたから……)

(なのに……)

(キミを傷つけてしまって、オレはもう傍にはいられない……)

目の奥が熱くなって、視界がぼやけた。

ヘラクレス「なんだこれ……。 会ったばっかなのに……こんなに別れが辛いなんて思わなかった……」

抑えきれない力が、体から出ようと暴れ回る。

ヘラクレス「!」

(まるで、生き物みたいだ……)

ヘラクレス「おとなしくしろよ……オレの力だろ?」

オレは、力を抑え込むように両腕を握りしめた。

ヘラクレス「さよなら……〇〇ちゃん」

ここにはいない彼女に別れを告げて、オレは暗い道を歩き続けた…―。

なのに、彼女は来てしまった…―。

……

〇〇「ヘラクレスが残るなら、私も残る」

彼女がオレを後ろから抱きしめる。

ヘラクレス「!」

その腕の温かさに、オレはどうしていいかわからなくなる。

ヘラクレス「……キミは、バカなの?」

(頼むから、逃げてよ……)

ヘラクレス「さっきの見ただろ?」

(もう傷つけたくないんだ……)

ヘラクレス「オレは……人なんか簡単に壊せるんだよ」

(人に好かれる資格なんてない)

ヘラクレス「〇〇ちゃんだって」

(大切なんだキミのことが……だから……)

〇〇「そんな言い方をしても、ダメだよ……」

彼女は視線を逸らさずまっすぐにオレを見つめる。

〇〇「だって、ヘラクレスが優しいって、私は知ってるから……。 私はヘラクレスが好きだから、離れたくない」

ヘラクレス「〇〇ちゃん……」

〇〇「……離れたくないよ」

その言葉は、オレの抑えていた気持ちを溢れさせるには充分だった。

〇〇「っ……!」

〇〇ちゃんを引き寄せると、唇を塞いだ。

〇〇「ん……っ」

彼女の抵抗も構わず、オレは何度も彼女の唇を塞ぐ。

頼りない手がオレの服にしがみついた。

ヘラクレス「こんなオレが好きなんて……。 本当に、キミを捻り潰すかもしれないよ? 抑えられないんだ……この力を……」

〇〇「っ……」

(まだ今なら引き返せる……)

(けど、願うならこのまま……)

彼女を離したくなくて、腕に力が入る。

(折れてしまいそうだ……)

ヘラクレス「キミが……すごく大切なのに……」

(またこうやって……)

〇〇「ヘラクレス……」

オレの中の迷いに気づいているのか、彼女の手がオレの背中を優しく撫でた。

〇〇「それでも私は、傍にいたい……」

(〇〇ちゃん……)

〇〇「大丈夫だよ。きっと……。 ヘラクレスなら」

抑えつけていた力に飲まれていく。

狂気が意識を支配する…―。

ヘラクレス「なら、壊さない程度に、愛してあげるよ」

彼女を引き倒すと、床の上に縫いとめた。

〇〇「っ……!」

(壊したい……)

(傍にいて欲しい……)

二つの欲望がオレの中でせめぎ合う。

ヘラクレス「オレの腕の中で、ずっと……」

(だから今は、キミの温かさでその心を忘れさせて……)

……

空に星が浮かぶ…―。

オレは小屋から出ると、空を眺めた。

〇〇「ヘラクレス?」

〇〇ちゃんが小屋から顔を出した。

オレの隣に並ぶと、同じように空を見上げる。

ヘラクレス「これからどうしようか?」

〇〇「え……?」

ヘラクレス「このままどこか旅にでも出ようか」

〇〇「旅……」

(ずっとここにいるわけにはいかない)

(けど今戻れば、オレはきっとあの城を壊してしまう)

(黒い感情に支配されて、今度こそ止められない)

(ならいっそ、城を捨てた方が……)

〇〇「ヘラクレス」

彼女の手がオレの手に重なった。

ヘラクレス「……」

〇〇「旅もいいね」

ヘラクレス「そうだね」

(キミならそう言ってくれると思った……)

(いっそすべてを壊してしまいたい)

(そして最後にキミを……)

黒い感情を隠すように、オレは彼女の手の温かさを確かめる。

星だけが変わらずに、空で光輝いていた…―。

おわり。

<<月最終話



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする