月最終話 幸運の女神

船員1「船長! これ、見覚えありませんか!?」

ダグラス「それは……!」

潜水士が海の中から見つけてきたのは、ボロボロになった小さなチェストだった。

ダグラス「それは……俺の家の紋章!」

ダグラスさんは潜水士からチェストを受け取ると、刻まれた紋章に視線を落とす。

中を見ると、金の航海時計と分厚い革の手帳が出てきた。

〇〇「あ……手帳が……」

チェストの中に入っていたとはいえ、長い時間、海の中に浸っていたせいもあり手帳はだいぶもろくなっていた。

ダグラス「……」

丁寧にその手帳を開いた時、そこに何かを見つけたのか、ダグラスさんの表情がわずかに強張る。

ダグラス「……っ」

〇〇「ダグラスさん?」

ダグラス「……駄目だ。海水でにじんでよく見えない。 だが、この金時計は値打ちものだ!」

そう告げると、船員達からわっと歓声が上がる。

ダグラス「ハハッ、お手柄だな!!」

皆の中心で、ダグラスさんは嬉しそうに笑っているけれど……

(ダグラスさん……? 何があったの?)

どこか取り繕うような彼の様子に、私はわずかに不安を感じるのだった…-。

……

その夜、船上ではパーティが開かれていた。

(手帳を開いた時、一瞬ダグラスさんの様子がおかしかった気がしたけれど……)

けれどダグラスさんは、今は陽気に船員の皆さんとお酒を酌み交わしている。

(勘違いだったのかな)

しばらくすると、ダグラスさんはそっとその輪から離れ、どこかへと向かった。

(あれ……ダグラスさん、どこに行くんだろう?)

気がつくと、私は彼の後を追っていた…-。

……

ダグラスさんが向かった先は、船首の方だった。

昼間の嵐が嘘のように、空は静かに星々が輝いている。

〇〇「ダグラスさん」

ダグラス「〇〇……!」

一人で夜の海を眺めていたダグラスさんは、私の声を聞いて驚きの表情を浮かべた。

ダグラス「どうした?」

〇〇「……」

ダグラスさんの様子が気になったと言えず、黙り込んでしまう。

ダグラス「……」

夜の闇に、波の音が響いては吸い込まれ消えていく。

ダグラス「おいで」

優しく笑った後、ダグラスさんは私の手を引いて船室へと向かった…-。

中に入ってもなかなか言葉が出てこない私に、ダグラスさんは静かに語りかけた。

ダグラス「実は……」

背を向けていたダグラスさんが振り返ると、あの手帳を手にしていた。

差し出されたその中身を見ると、ボロボロになった家族写真があった。

若く凛々しい男性に、長い銀色の髪の美しい女性。

そしてその間にいるのは……

〇〇「これは……真ん中にいる赤ちゃんって、ダグラスさんですか?」

ダグラス「そう、よくわかったな」

〇〇「はい、赤ちゃんでも面影があります」

ボロボロでも、温かみを感じるその家族写真に見入っていると、ダグラスさんが照れくさそうに口を開いた。

ダグラス「その写真を見た時、不覚にも少しぐっときた。 でも……皆がいたから恥ずかしくて黙ってた」

(だからあの時、ちょっと様子がおかしかったんだ……)

昼間、手帳を開いた時のダグラスさんを思い出し、私は小さく頷いた。

そして、ダグラスさんは写真に視線を落としながら、小さな声でつぶやいた。

ダグラス「親父にとって、俺達は宝だったってことか……ちょっと、できすぎてるな」

〇〇「私は……素敵だと思います。 ダグラスさんのご家族、船員の皆さんも、絆で結ばれているんです……」

ダグラス「絆か……」

不意にダグラスさんの熱い視線が、私の注がれて…-。

ダグラス「じゃあ、新しい絆を築いてもいいかな……〇〇と……」

〇〇「……っ!?」

 

突然、私は彼にベッドに押し倒された。

〇〇「……ダグラスさん!?」

彼の吐息から、微かにお酒の匂いがした。

(ダグラスさん? 酔ってる……?)

ダグラス「言っておくが、酔ってなんかいない」

子どものように無邪気な笑顔で、彼は私に囁きかける。

(そんな顔で見つめられると……)

ダグラス「逃げないのか?」

心臓が、さらにうるさく騒ぎ出す。

ダグラスさんはポケットからナイフを取り出し、私のブラウスを裂いた。

〇〇「っ……」

ダグラス「怖いか? 〇〇……」

乱暴には感じたけれど、不思議と恐怖はなくて、吸い込まれるようにその瞳を見つめる。

ダグラス「……」

ダグラスさんの瞳が、何かを強く求めるように揺れ、細められる。

(絆……)

家族との、仲間との、そして…-。

〇〇「いいえ。怖くなんてないです」

視線を逸らさずに、彼にはっきりと告げる。

ダグラス「いい女だ……俺の目に狂いはなかった」

〇〇「え…-」

ダグラス「言っただろう? 幸運の女神になってくれって」

―――――

ダグラス『ああ、是非、俺の幸運の女神になってくれ』

―――――

(あの時の……)

ダグラス「俺と一緒に広い海を廻らないか?」

(この広い綺麗な海を……)

(ダグラスさんと……)

ダグラス「言い直す……海賊の頭領に攫われてくれないか? 俺は……〇〇が欲しい」

そう囁くと、ダグラスさんの顔が少しずつ近づいてきて…-。

裂かれたブラウスの合間に、彼の唇が落とされる。

〇〇「あ……」

甘い痺れを感じて、私は彼にぎゅっとすがりついてしまう。

ダグラス「目を……閉じろ」

瞳を閉じると、今度は全身にキスが降り注いでいく。

(熱い……)

波の音が、聞こえてくる。

その音を聞きながら、私はこれからダグラスさんと巡る海を思い描こうとするけれど……

今はただ、目の前の彼に溺れることしかできなかった…-。

<<月9話



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする