月最終話 彼とワルツを踊りたい

パートナーの方とフロアに戻ると、音楽に合わせてワルツを踊り始めた。

たどたどしい私のダンスを、彼は優しく付き合ってくれる。

(でも……)

私は踊りながらも、グウィードさんの姿を探してしまう。

フロアの隅で、彼が壁に背を預けて立っているのが見えた。

(やっぱり私は……!)

込み上げてくる想いを抑えきれず、私は足を止めた。

パートナー「どうしましたか?」

〇〇「すみません……あの、私…-!」

パートナーの方に頭を下げると、私はその場を走り去った。

招待客「うわっ、何!?」

招待客「ダンスの邪魔よ!」

〇〇「すみません!」

周りの人に謝りながら、彼がいる場所を目指す。

(私は……グウィードさんと踊りたい!)

自分でも驚くほど夢中になって、私は彼の姿を求めた。

けれど…-。

〇〇「あ……っ!」

私はバランスを崩して倒れてしまいそうになった。

〇〇「っ……!」

転びそうになった私を、後ろから力強い腕が抱き上げてくれた。

??「……!」

抱き上げられた拍子に、腕に何かが当たり、音を立てて落ちた。

(え……仮面? これって)

スチル

グウィード「子猫ちゃん」

その声で、私を抱き上げてくれた人物が誰だかわかった。

甘い花の香りが、鼻腔をくすぐる。

〇〇「グウィードさん……」

そこには、仮面をつけていない素顔の彼が立っていた。

(これが……グウィードさんの素顔?)

グウィード「無茶なことをするね、子猫ちゃん◆ そんなに急いでどこに行くのかな?」

彼の静かな眼差しに、私は自分のしてしまったことに気がついた。

〇〇「ごめんなさい、私……!」

パートナー「いったい、どうしたんですか?」

パートナーの方もやって来て、私はどうしていいかわからなくなる。

グウィードさんは私を優しく降ろした後、落ちていた仮面を拾い、つけ直した。

(言わなきゃ……私はグウィードさんと)

グウィード「……」

〇〇「あの、私……!」

パートナーの方に自分の気持ちを告げようとした、その時…-。

グウィード「蝶は移り気だ……君の蝶は、別の花の元へ行きたいらしい◆」

グウィードさんの言葉に導かれるように、パートナーの方から蝶が飛び立つ。

その蝶はすぐさま別の女性の方へと飛んで行ってしまった。

パートナー「失礼」

パートナーの方は軽くお辞儀をすると、その場から立ち去って行った。

〇〇「どうして……?」

(蝶が飛んで行った?)

アナウンス「さあ、蝶に従ってダンスのパートナーを交代してください」

〇〇「交代?」

グウィード「……もとからダンスのパートナーは交代していくんだ◆」

〇〇「そうだったんですか……」

(そう言えば……)

―――――

グウィード『皆様にとまった左右の羽の模様が違う蝶。その蝶と同じ羽の蝶を持つ人がこの会場におります♠ そのお相手が、今宵、あなたの最初のパートナー◆』

―――――

(最初のパーティー、って言ってたっけ……)

グウィードさんの説明を思い出して、恥ずかしさで顔がほてってくる。

〇〇「すみません、私……ちゃんと聞いていなかったみたいで」

グウィード「いいんだ◆ 君が来なければ、僕が行くところだった◆」

〇〇「え……?」

彼は、私の頬を優しく撫でる。

グウィード「胸がざわついて仕方なかった。 これ以上、子猫ちゃんが他の男と踊るのを見るのは耐えられない」

〇〇「グウィードさん……。 私も、踊るならグウィードさんがいいです。 それが言いたくて、私…-」

グウィード「子猫ちゃん……。 どんなに離れても、惹かれることは避けられなかったみたいだ◆」

〇〇「え?」

グウィード「いや、こちらの話。ならこのまま行こうか、二人だけでいられる場所へ♪」

〇〇「っ……!」

グウィードさんは、私の体を抱き上げた。

グウィード「パーティはもうお終い。君とゆっくり話がしたい◆ 君はどうだろうか。 〇〇、返事は?」

私を見つめる彼の眼差しは、どこまでも優しくて……

私は自然に、彼の首に腕を回した。

〇〇「はい……!」

グウィード「いい返事だね◆」

そう言って笑うと、彼は私を抱き上げたまま窓から夜空へ飛び出していく。

その姿は、まるで蝶のようで…-。

(綺麗……)

こぼれ落ちそうなほど輝く星の下、私達は空を飛び続ける。

その中で一対の蝶が、鮮やかな羽をはためかせ、私達の横をすり抜けていった…-。

おわり。

<<月5話||月SS>>


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする