月SS 迷子の蝶

フロアには、管弦楽の美しい調べが響き渡っている。

(みんな楽しんでくれているようでよかった)

目の前を通りかかった年配のペアが僕に軽く会釈をする。

年配の男性「素敵なサプライズをありがとう」

グウィード「いえ、皆さんの笑顔を見ることができて僕も嬉しいです。素敵な夜を」

年配の男性「君は、踊らないのかね?」

グウィード「……残念ながら、僕の蝶はどこかで迷子になっているようで」

肩をすくめてみせると、二人は笑みを浮かべ去っていった。

ため息を漏らしながら、壁に寄りかかる。

(僕の胸に蝶が舞い降りたとしても今は踊る気にはなれないな……)

いつの間にか、視線はずっと向こうにいる〇〇に吸い寄せられていた。

彼女はたどたどしい足取りでステップを踏み、パートナーと手を散り合っている。

グウィード「まただ……」

慌てて視線を外し、その場から歩き出した。

(気づいたら、彼女のことばかり見てしまっている)

(どこに行っても、彼女がどこにいるかすぐにわかるなんて……)

グウィード「なかなかの才能だと思うね◆」

笑ってみたけれど、その響きはあまりにもむなしい。

思わず苦笑が漏れた、その時……

招待客「うわっ、何!?」

招待客「ダンスの邪魔よ!」

招待客達の声に振り返ると、見慣れた顔がこちらに駆けてくる。

グウィード「〇〇……」

招待客にぶつかりながらも、彼女は僕をしっかりと見つめている。

グウィード「……」

(〇〇、君はもしかして……)

彼女の視線に応えるように、僕の足は勝手に動き出していた。

〇〇「っ……!」

転びそうになった彼女の体を、慌てて支える。

その時だった。

(しまった……!)

抱き上げた拍子に、仮面が顔から外れてしまう。

(しかし、今はそれよりも……)

僕は少しだけ躊躇したものの、〇〇を両手でしっかりと抱きとめた。

(君になら……)

グウィード「子猫ちゃん」

〇〇「グウィードさん……」

徐々に、彼女の目が見開かれていく。

(彼女になら、僕の素顔を見せても構わない)

(いや……彼女には知ってほしかったのかもしれない)

(僕の、本当の姿を)

グウィード「無茶なことをするね、子猫ちゃん◆ そんなに急いでどこに行くのかな?」

微笑みかけると、彼女もまっすぐ僕を見つめ返した。

けれど、すぐに申し訳なさそうにまつ毛を伏せる。

〇〇「ごめんなさい、私……!」

パートナー「いったい、どうしたんですか?」

〇〇のパートナーの男性が、僕達の元へと駆けてくる。

僕はそっと彼女を降ろし、落ちていた仮面をつけ直した。

グウィード「……」

彼女が、一歩踏み出す。

その表情から、意を決して何かを言おうとしているのがわかった。

(もしも、君が僕と同じことを考えてくれているとしたら……)

〇〇「あの、私……!」

グウィード「蝶は移り気だ……君の蝶は、別の花の元へ行きたいらしい◆」

僕がそう言った直後、男性の胸から蝶が飛び立ち……

周囲の蝶も、いっせいに羽を広げた。

パートナー「失礼」

彼は軽くお辞儀をすると、その場から去って行った。

アナウンス「さあ、蝶に従ってダンスのパートナーを交代してください」

〇〇「交代?」

グウィード「……もとからダンスのパートナーは交代していくんだ◆」

〇〇「そうだったんですか……。 すみません、私……ちゃんと聞いていなかったみたいで」

彼女が、恥ずかしそうに顔を赤らめる。

(そんなこと、気にする必要はないよ)

(だって……)

グウィード「いいんだ◆ 君が来なければ、僕が行くところだった◆」

〇〇「え……?」

さらに頬を赤らめた彼女に、僕の胸も音を立て始める。

グウィード「胸がざわついて仕方なかった。 これ以上、子猫ちゃんが他の男と踊るのを見るのは耐えられない」

(だから、こちらへ駆けてくる君を見たあの時……)

(僕は心の底から嬉しかったんだ)

〇〇「グウィードさん……。 私も、踊るならグウィードさんがいいです。 それが言いたくて、私…-」

グウィード「子猫ちゃん……」

僕を見つめる潤んだ瞳に、胸の思いが溢れ出しそうになる。

グウィード「どんなに離れても、惹かれることは避けられなかったみたいだ◆」

〇〇「え?」

グウィード「いや、こちらの話。ならこのまま行こうか、二人だけでいられる場所へ♪」

〇〇「っ……!」

肩に手を回すと、〇〇は驚いたように僕を見上げる。

そんな彼女を、僕はふわりと抱き上げ……

(……今夜はもう、誰にも邪魔させない)

美しい星々が瞬く夜空へと飛び出していったのだった…-。

おわり。

<<月最終話


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする