月SS 道化師と人形の誓い

待ちに待った、婚宴の儀の当日…-。

クラウン「さて……どうしたものか」

演目がクライマックスへと差し掛かったその時、私は静かに台本に書かれていない台詞を口にした。

すると、椅子に腰かける〇〇が不思議そうに目を開き……

(驚かせてしまったね)

(だけど、今日はどうしてもここで貴女に想いを伝えたかったんだ)

(貴女の笑顔にどうしようもなく魅了されてしまった、あの時からずっと……)

脳裏に、初めてウェディングドレスをまとった時の彼女の姿が蘇る。

クラウン「道化は、人形に恋をした。 〇〇。私は、貴女に結婚を申し込みたい……!」

〇〇「ク、クラウンさん!?」

〇〇の手を引いて立ち上がらせた後、驚く彼女に構うことなく、跪いて白いブーケを手渡す。

クラウン「どうか、これからも私の傍に」

(健やかなるときも病める時も、どうかこの道化と共に……)

(ずっと傍で貴女の笑顔を見続けることを……許して欲しい)

〇〇「け、結婚って……!?」

私は〇〇の手の甲にキスを落とし、まっすぐに彼女を見上げた。

クラウン「美しいウェディングドレスをまとった貴女を見た時から……私はこの筋書きを考えていた。 道化として一番ふさわしい場で、貴女に想いを伝えようと。 哀れな道化に……返事を聞かせてくれるかい?」

予定にはなかった展開に、会場は大きな歓声に包まれている。

でも……

〇〇「……」

(〇〇……)

黙ったままこちらを見ている彼女に不安が押し寄せてくる。

(やはり、迷惑だったかな)

(彼女を困らせるつもりはなかったのに……)

ドクンドクンと、心臓が大きな音を立てていた。

(ああ、こんなに緊張するのは……初舞台の時以来)

(いや、それよりももっと……)

少しの沈黙の後、私は静かに口を開く。

クラウン「……困らせてしまったかな」

そう言葉にした後も、さらに不安は増していき……

私は、懇願するように〇〇を見上げた。

けれど、次の瞬間…-。

〇〇「あ……」

彼女は私が差し出したブーケを受け取り、ぎゅっと握りしめる。

〇〇「とっても……嬉しいです」

(本当に……?)

絞り出すようなその声に、喜びが溢れてくる。

クラウン「〇〇……!」

私は思わず立ち上がり、彼女を抱きしめた。

クラウン「よかった。とても緊張していたんだよ」

ほっと胸を撫で下ろす私に、会場中から惜しみない拍手が送られる。

〇〇「クラウンさんといると、いつも驚いてばかりです」

(ああ、そうだね。だけど……)

クラウン「すまない。性分なんだ」

(だから……どうか、許して欲しい)

そう、心の中でつぶやくと……

〇〇「でも、すごく楽しいです」

彼女の幸せそうな声に、鼓動が大きく跳ねる。

(大切な貴女を楽しませたくて踊り続ける、愚かな道化……)

けれど今までの旅路は……今この時の彼女の笑顔に通じていたと、そう思えた。

(こんな私を、貴女は受け入れてくれた)

想いが伝わった喜びに、自然と笑みがこぼれてしまう。

クラウン「これからもずっと、〇〇の傍にいるよ」

私の言葉に、腕の中の彼女が小さく頷く。

そのいじらしい姿に、私は…-。

クラウン「これから……」

〇〇「え?」

耳元に顔を寄せて小さな声で囁くと、〇〇はわずかに体を離して私を見上げる。

そんな彼女を抱きしめる腕に、強く力を込め……

クラウン「これから何があろうとも、私は貴女を想い続ける。 健やかなる時も、病める時も……必ず貴女だけを。 そう、誓うよ」

〇〇「クラウンさん……」

嬉しそうに私の名前を呼ぶ彼女が、背中にそっと腕を回してくれる。

そして……

〇〇「はい。私も誓います」

小さくも、決意に満ちた声でそう答えてくれたのだった…-。

おわり。

<<月最終話



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする