月SS 誰よりも大切な人

小鳥たちのさえずりが、心地よく耳に届く中…―。

フリュー「水鏡の前に立った時に、二人の姿が映れば……お互いが運命の相手だって言われてる」

○○「それは……」

水鏡の話をすると、○○さんが驚きに目を輝かせた。

(この広い世界で、運命の人と出会えるなんて……)

フリュー「きっとそれは……奇跡みたいな確率だよね」

か細い僕の声に、○○さんは優しく耳を傾けてくれる。

○○「はい……もしもその相手が見つかれば、奇跡に近いかもしれませんね」

フリュー「でも……僕は……」

○○「え……?」

(彼女に伝えたい……僕は、奇跡を信じてるって)

けれど勇気が出せずに、一番大切な言葉を呑みこんだ…―。

……

厳かな空気の中、アフロスの聖堂で婚宴の儀が進んでいた。

フリュー「……」

(いよいよ、次は僕が宣誓する番だ……)

緊張で微かに震え始めた指先を、ぎゅっと強く握りこむ。

(大丈夫……○○さんが見守っていてくれる)

そっと目を閉じて、何度か深く息を吐きだした。

(僕の声が、アフロスの神へ……そして、彼女の元まで届きますように)

切なる祈りを込めて、祭壇の前に立つ。

フリュー「アフロスの神よ、我が祖国・ヴォックスに祝福を…―」

不思議と肩の力が抜け、堂々と宣誓を果たすことができた。

宣誓を終え、席に戻ろうとした時……

(え……?)

ほんの一瞬、神官の脇にある水鏡が、まばゆい光を放つのが見えた。

(もしかして、今のは……)

その光は、祭壇に向かって立っていた僕だけが気づいたようだった。

……

儀式の後、○○さんが僕の傍へ駆け寄ってきた。

○○
「フリューさん! あの……水鏡、光っていましたよね?」

フリュー「きみも、気づいていたんだね……」

○○「あれはいったい……」

つぶやく○○さんの頬が、心なしか薄紅に染まっている。

(あの時、僕は本気で願っていたんだ……)

(僕の運命の相手は、きみじゃなきゃ嫌だって……)

気持ちが溢れそうになり、気づけば○○さんの腕を引いていた。

○○「っ……!」

勢いのままに、彼女の背中をきつく抱きしめる。

○○「フリュー……さん……」

(○○さん……)

あんなにも憧れ続けた、彼女の甘い髪の香りが鼻先をかすめる…―。

心臓が痛いほど暴れ、彼女への想いが抑えきれなくなりそうだった。

フリュー「あれは……近くに僕の運命の人がいるという知らせ……なんだ」

僕の話を聞き、○○さんがわずかに身を固くする。

フリュー「きみと……水鏡の前に……立つのは……。 ……僕は、怖いんだ」

彼女の耳元に顔を寄せ、正直な気持ちを打ち明ける。

フリュー「水鏡に誰が映るのか……」

(もし、それが○○さんじゃなかったら)

(きっと、僕はひどく傷ついて……それでも彼女を忘れるなんてできない)

フリュー「……」

そっと腕を解き、○○さんから身を離す。

すると……重い沈黙の後、彼女はぎこちない笑顔で告げた。

○○「フリューさん……見つかるといいですね……運命の相手……」

フリュー「え……?」

(どうして、きみがそんなこと……)

心臓が絞られるように痛み、気づけばもう一度彼女の腕を掴んでいた。

○○「……っ」

フリュー「僕は……怖いんだ。運命の相手が、きみじゃなかったらって思うと…―」

不安にさいなまれ、小さくなっていく僕の声に、彼女がじっと耳を傾ける。

○○「フリューさん……? 聞こえないです」

(違う、そうじゃない……)

たとえ水鏡が、二人の姿を映さなかったとしても…―。

(今、彼女に一番届けたい言葉は……)

僕は○○さんの耳元に唇を寄せ、愛しい彼女だけに囁く。

フリュー「僕は、きみが好きです」

○○「!!」

フリュー「○○さん……きみが、大好きです」

ようやく口にできた言葉が、彼女の心へ届いた時……

煌びやかなアフロスの聖堂から、運命の鐘の音が聞こえた気がした…―。

おわり。

<<月最終話



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする