月最終話 降り注ぐ星のキス

空を駆ける星々を、私達はただ静かに眺めていた。

〇〇「綺麗……」

アヴィ「……」

アヴィが私の手を引き、ゆっくりと歩き出す。

〇〇「アヴィ?」

アヴィ「せっかくだ。近くで見ようぜ」

手を引かれるままに、私は彼の後を歩いた。

〇〇「うん……」

遠く聞こえる管弦楽の柔らかな音色が、そっと私の背中を押してくれているような気がした…-。

……

飛空艇から眺めると、さっきよりも星々に手が届きそうで……

触れようと思わず伸ばした手に、アヴィの手が重なる。

〇〇「アヴィ……」

アヴィ「……」

アヴィは何も言わないまま静かに笑うと、夜空へと視線を戻した。

アヴィ「すげえな」

〇〇「うん……」

無数の流星群が、城の上空に踊るように降り注いでいる……

アヴィ「ごめんな。困らせちまって」

〇〇「え?」

アヴィ「お前はトロイメアの姫様なのに。 けど、これからも俺はお前のこと、傍で守ってやりたいんだ。 特別とかじゃなくても……さ」

(特別じゃ……ない)

告げられた言葉が、私の胸を苦しくさせる。

だから…-。

〇〇「……アヴィの笑顔は、私にとって特別だよ」

アヴィ「〇〇……」

彼の目をまっすぐに見つめて、心からの想いを告げた。

〇〇「アヴィの想いと私の想いは、同じなんだよ……」

アヴィの手を取って、そっと両手で包み込む。

そこからこの想いのすべてが届けばいいのにと、少しもどかしいような気持ちになる。

〇〇「アヴィが笑うと、いつも力が湧いてくる」

(大切なだけじゃない。望んでいいのなら、ずっとこれからも一緒にいたい)

〇〇「大好きだよ。だから……傍にいて。 アヴィがいないと、私…―」

心では上手く言えるのに……言葉にしようとすると、胸がいっぱいになって形作れない。

アヴィは、そんな私を見て優しげに笑って…-。

アヴィ「〇〇」

力強く抱き寄せられると、彼の胸に頬が触れた。

アヴィ「……ありがとな。充分だよ」

耳元で囁かれて、溢れる想いが涙になってこぼれそうな気がした。

胸に顔をうずめると、アヴィの香りに包まれているようで……

アヴィ「そんなしがみつかなくたって、離れてなんかいかねえよ」

〇〇「うん……」

もう一度確かめるようにそっと顔を押しつけた後……ゆっくりと、彼の顔を見上げた。

〇〇「私……アヴィの言う通り、皆の笑顔が大好き。 大切だから守りたいって思う……だけど、アヴィ。 アヴィにだけは……甘えてもいいかな?」

そう言うと、アヴィはこの上なく幸せそうに笑みを深めた。

アヴィ「……当たり前だろ」

しっかりと、彼が私を抱きしめる。

逞しい腕に、アヴィの優しい匂いに……泣きそうなくらい胸が震えた。

アヴィ「……なあ。 キス……していいか?」

彼の手が、うかがうように私の頬を滑る。

〇〇「っ……」

頬が熱を帯びるのを感じながら、それでも静かに頷くと…-。

スチル

アヴィは、触れるようにそっと私の唇を奪った。

やがて遠慮がちに離れた後、わずかに笑みを浮かべる。

そして…-。

アヴィ「お前が好きだ。ずっと傍にいる。お前の傍に……」

〇〇「私も……」

再び重なり合う唇は、熱を持って深く互いを求めた。

想いを確かめるように、離れそうになってはまた吐息ごとに奪われる。

〇〇「ん……」

長い口づけに心は酔いしれ、求めるようにアヴィの胸に手を重ねた。

アヴィ「〇〇……」

熱を残して離れていく唇を、私はたどるように見つめた。

そっと頬を撫でられると、指先が触れる場所から熱が灯っていく。

アヴィ「お前は時々、無理に笑おうとしたりするけどさ。俺の前では泣いたっていい。 俺の笑顔がお前の力になるなら、いつだって笑っててやるから」

そう言って……アヴィは旅の途中、いつも私にそうしてくれていたように優しく微笑む。

この笑顔をこれからもずっと見つめていたいと、心からそう思った。

〇〇「アヴィ……うん」

アヴィ「どんな時も……お前が必要とするのが、俺であってほしい」

〇〇「ありがとう。すごく嬉しい」

幸せが心に満ちて、頬がほころんでいく。

〇〇「ずっと一緒にいて。アヴィがいてくれるなら、どこまでだって歩いて行ける気がする」

アヴィ「……ああ。 どこへだって、俺が連れて行ってやる。お前が望む場所へ…-」

囁きは微かに、けれど強く……永遠の誓いのように胸に響く。

(大好き……)

城の上空を、煌めく星が弧を描きながら流れていく。

それはまるで、未来へ架かる橋のように思えた。

アヴィと一緒に歩んでいく、幸せな未来への…-。

おわり。

<<月7話||月SS>>