月最終話 瞳に魅入られて

天窓から差し込む星の光が、妙に明るく見える…-。

(私、プロポーズされた、よね?)

私にお構いなしに、アザリーさんは、何やらドレスのデザイナーの話をしているようだった。

(……アザリーさんは、すごく素敵な人だって思うけど……)

(やっぱり、いきなり結婚するのは無理だってちゃんと言わなきゃ)

〇〇「アザリーさん。あの……。 さっきのプロポーズの件なんですけど……やっぱり、ちょっと唐突過ぎるというか…―」

アザリー「大丈夫だ」

私の手を、アザリーさんが力強く握る。

アザリー「いきなり王族になるのは不安かもしれないが、安心しろ。うちの国はいい国だぞ」

(……あ、そっか。そういえば私、まだ自己紹介もしてなかった……)

何からどう話してよいものか思案する私に、アザリーさんが満足げに微笑みかける。

アザリー「今日のパーティは、僕達を引き合わせるために開かれたんだな……」

アザリーさんは沈黙を肯定と受け取ったのか、私の手の甲に優しくキスを落とした。

〇〇「……!あ、あの……」

アザリー「さあ、そうと決まれば早く帰ろう! ああ、いや、ティアラをもらってからの方がいいか」

〇〇「い、いえ、そうじゃなくて、その……!」

アザリー「ああ、今日はなんていい日なんだ! 君に出会えたこの日を、わが国の祝日にしよう!」

カリム「アザリー様、おめでとうございます」

最後の砦だと思っていたカリムさんが、感涙にむせび泣きはじめる。

(どうしよう。これじゃあ本当に止める人が……)

〇〇「……ちょっと待っ……」

顔を上げると、アザリーさんが満面の笑みを浮かべながらこちらへと近づいてきていた。

〇〇「え、えっと……アザリーさん?」

少しずつ後ずさっていた私は、ついに壁際へと追い詰められてしまう。

〇〇「アザリーさん。 そ、その、ちょっと待っ……」

アザリー「待てない」

アザリーさんは、私を引き寄せ、壁に手をついた。

私を見つめる彼の目はどこまでも真っ直ぐで、こんな時なのに、胸がときめいてしまう。

アザリー「決めたから。 ……〇〇は、僕のものだって」

スチル

彼の長い指が私の顎を持ち上げ、唇がゆっくりと近付いてくる。

〇〇「ん……っ」

そっと触れた唇が一度離れ、もう一度私の吐息を奪う。

(言わなきゃいけないのに……)

顎を持ち上げていた指が首の後ろに回された後、気付けば私は彼の腕に抱かれていた。

アザリー「〇〇……」

その声が驚くほど優しくて、私は思わず言葉を失ってしまう。

そして……

アザリー「さあ、帰ろう」

アザリーさんは、私の耳元でそっとささやく。

彼の髪は風の香りがする……私は何故か、そんなことを思っていた…-。

おわり。

<<月5話||月SS>>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする