月最終話 決して離れない

耳をつんざく咆哮と兵士の怒号に、逃げ惑う人々の悲鳴が入り混じる中…ー。

(嘘……)

外壁を破り、巨大なモンスターが街に入り込もうとしていた。

○○「あ…ー」

足がすくみ、身動きができないでいると、モンスターがこちらに獰猛な視線を向けた。

(こっちにくる!?)

すぐさま、いかにも化け物らしい巨躯を持ったモンスターがこちらに猛進してくる。

○○「来ないで……っ!」

その時、外壁から聞き覚えのある声が響いた。

アマノ「逃げてください!!○○!!」

スローモーションのように流れる時間の中で、声がした方を見る。

(アマノ……さん)

アマノさんは今にもモンスターに襲われそうになっていた私を見て、その顔を大きく引き歪めていた。

けれど彼と私との間には、どうにもぬぐえない距離がある。

(もう駄目……!)

迫りくるモンスターが巨大な鈎爪を大きく振り上げる。

もうどうすることもできないと、目を閉じかけた時…ー。

アマノ「神よ!今こそ僕に大切な人を救う力を!!」

○○「!?」

一条の閃光が、アマノさんの手から放たれる。

瞬間、目の前に迫っていたモンスターが金切り声を上げた。

(これは……!?)

恐怖で閉じかけた目を見開くと、モンスターの首を黒い矢が貫いている。

しかし巨躯を誇るモンスターは一瞬怯んだものの、すぐに体制を立て直す。

○○「……っ!」

その時、城壁の外から大きな歓声が聞こえた。

兵士「援軍だ!アヴァロンの援軍が現れたぞ!?」

声のした方を見れば、先ほど崩れ落ちた壁の隙間から見た事のある旗印が見える。

たちまち兵士達から力強い声が上がり、その場の情勢は一変した。

○○「……!」

外壁近くで上がった絶大な叫声に、再び襲いかかろうとしていたモンスターも一瞬、気を取られる。

アマノ「○○!!」

再び私を呼ぶ声が聞こえたかと思うと、モンスターが数本の矢に穿たれた。

○○「!!」

目の前に現れた姿に、思わず目頭が熱くなる。

アマノ「大丈夫でしたか!?」

弓をつがえたアマノさんが、私をモンスターから守るようにして目の前に立っていた。

○○「アマノさん!?どうしてここに……!?」

アマノ「君が危険にさらされるのを見て、弓兵とはいえただ矢を射るわけにはいかないでしょう!? 駆けながら急所を狙ってたんです!」

○○「そんな……」

大きな背中に安堵が込み上げ、今度こそ泣いてしまいそうになる。

アマノ「僕の後ろを決して離れないでください!」

言うなり、彼は新たな矢をモンスターに向けて放つ。

アマノ「……っ」

息をもつかせない連続射撃がモンスターを襲い、何本もの矢を射かけられた巨体はようやく倒れこんだ。

しかし外壁からは、大きさこそは小さくはあるものの新たなモンスターが浸入してくる。

アマノ「絶対に君は僕が守ります。この神弓とアカグラの王子の名にかけて!」

○○「アマノさん……」

彼の手から神速の弓が放たれる度に、次々とモンスターが倒れていく。

初めて見たその凛々しい姿に、目が奪われる。

(すごい……)

(穏やかで優しいだけじゃない。こんなに強くて……)

その勇姿を見つめていると、彼がふと私の方を振り向いた。

金色の瞳が、少し自嘲気味に細められて…ー。

アマノ「なぜ、僕はこんな簡単なことに気付けなかったんでしょう。 大切だと思える人達を守るためなら、悩みや葛藤など抱く余地などなかったのに……!」

○○「アマノさん……」

アマノ「待っててください。残りもすぐに片づけます!それまで絶対に僕の傍を離れないでください」

○○「はい!」

芯の通ったその声が、私の恐怖をすべて払ってくれた…ー。

……

援軍の助けもあり、ほどなくして事態は収拾した。

被害は出たものの、郊外の村を襲ったモンスターもすべて倒されたということだった…ー。

……

アマノ「怪我はありませんか?」

○○「はい。アマノさんのおかげで、少し擦りむいたくらいですみました」

アマノさんがほっと、安堵したように息を吐く。

けれど街の様子を見て、彼は端正な顔を苦しげに歪めた。

アマノ「僕がもっと早く意思を固めていればここまでの被害は……」

○○「そんな……自分を責めないでください」

優しい彼の心を思うと、胸がしめつけられるけれど…ー。

アマノ「……すみません、でも僕は大丈夫ですよ。 この先、するべきことが多くありますから」

清々とした、清潭な顔つきでアマノさんが私を見つめる。

ドキリと胸を鳴らしながら、私はあの時の言葉を思い出していた。

ーーーーー

アマノ「これが終わったら、僕と一緒にまた藤の花を…ー」

ーーーーー

○○「そうですね……しばらくゆっくりできそうにはありませんね」

少しだけ寂しい気持ちになりながら、彼に笑いかけると……

アマノ「……」

不意に、彼の唇が私の唇に重ねられた。

○○「!」

戸惑う暇もなく、彼の逞しい腕に引かれ、そのまま強く抱きしめられて……

アマノ「藤の花の持つ意味を知っていますか?」

○○「ア、アマノさん……?」

彼の瞳に、新たな決意が宿る。

アマノ「『決して離れない』……です」

そしてもう一度口づけが落とされる。

それはまるで誓うような強さを持った……

深い深い口づけだった…ー。

おわり。

<<月9話