月最終話 口実の雨

突然の雨にも、フォーマは私に笑顔を向ける。

フォーマ「やっぱり降ってきたか……持ってきてよかった。 ○○、濡れてしまうよ。一緒に入ろう」

○○「うん、ありがとう」

フォーマは傘を広げ、私の方へ傾けてくれる。

傘は、王家の紋章が入ったビニール傘だった。

フォーマ「慌てて持って来たから、こんなのしかなかったけど……」

○○「ううん、ありがとう」

フォーマ「実は僕、雨って嫌いじゃない。 静寂をはらんだこの空気が、落ち着くんだ……変かな?」

○○「そんなことないよ」

ビニール越しに、雨の粒がキラキラと弾くのが見える。

それが妙に綺麗で、私の心を落ち着かせた。

○○「何か、分かる気がする」

ふと、フォーマの左肩を見ると、ずぶ濡れになっていた。

(私に遠慮しているんだ)

○○「フォーマ、もっと傘に入って」

フォーマ「僕は大丈夫だよ」

雨粒がビニール傘を激しく打ち付け始める。

雨脚はどんどんひどくなってきている。

○○「くしゅっ……」

寒くなってきたせいか、くしゃみが出てしまった。

フォーマ「○○、大丈夫か?」

少し離れたところに、屋根の付いたバス停を見つけた。

フォーマ「あそこで少し、雨をしのごう」

私とフォーマは、急いでその場所へ駆けて行く。

……

雨宿りをしながら、私達は今日の出来事を思い出していた。

フォーマ「久しぶりに日常を忘れられたよ。ありがとう、○○」

○○「そんな、私こそ……」

フォーマ「○○と一緒に居ると、心から楽しいと思える。

フォーマに真っ直ぐな目に見つめられ、私は思わず吸い込まれてしまいそうになる。

フォーマ「また、誘ってもいいか?」

密かに待っていたその言葉に、私の胸はトクンと高鳴る。

フォーマ「ダメ……か?」

眼鏡越しに見えるフォーマの優しい瞳が、少し揺れている。

○○「ダメなわけ……ない」

私がそう言うと、フォーマは目を細めて嬉しそうに微笑んだ。

いつの間にか、雨脚は弱まってきている。

○○「あっ、空が明るくなってきた」

フォーマ「そうみたいだな」

○○「このくらいの雨なら、そろそろ歩いても大丈夫そう」

私は屋根から出て、少し歩いてみる。

その時、フォーマが私の手をぐっと掴まえた。

フォーマ「待てよ!」

(えっ……)

フォーマは私の体を引き寄せると、優しく抱きしめた。

○○「……!」

フォーマ「あ……」

しばらく、小雨の音だけが耳に優しく聞こえてくる。

(……フォーマ?)

フォーマがどんな顔をしているのかうかがいしれず、ただ胸の音だけが大きくなっていく。

すると…―。

フォーマ「……眼鏡が濡れる」

ふわりと彼の腕が解かれ、上着がかけられた。

○○「フォーマ……?」

フォーマ「あ、いや……。 その……眼鏡が濡れるし、君も風邪を引いてはいけない」

早口で紡がれる言葉の最後に、彼はコホンと一つ咳払いをする。

フォーマ「だから、もう少しここに居ないか?」

○○「……うん」

(温かい……)

上着の温もりに身を投じながら、私は小さくそうつぶやく。

優しい雨は、それからしばらく降り続いていた――。

おわり

<<月5話||月SS>>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする