月SS 雨音の調べ

鮮やかに咲き誇る紫陽花を背に、僕達は顔を寄せ合って写真を撮った…―。

(すごい近くに、○○の顔が……)

頬が熱くなっていくのがわかる。

僕は、慌てて○○との距離を取った。

○○が、心配そうに僕の顔を覗き込んだ。

(こんなことで赤くなるなんて……)

(人に近づいて、具合が悪くなることはあるけど……)

(もっと近づきたいと思うのは、○○だけだ)

フォーマ「……一緒に撮れて……よかった」

僕の言葉に、○○は柔らかい笑顔で返してくれる。

並んで歩く二人の距離を、僕はさり気なく縮めていた…―。

庭園を出て、少し歩いていると…―。

(雨だ……)

薄い灰色の雲に覆われていた空が急に暗さを増していき、たちまち空に厚く雲がかかり、大粒の雨が降りだしてしまった…―。

フォーマ「○○、濡れてしまうよ。一緒に入ろう」

○○「うん、ありがとう」

(傘を持ってきてよかった……)

(○○が、雨に濡れずに済む)

○○「フォーマ、もっと傘に入って」

○○は、僕の肩が濡れていることに気づき、傘を傾けようとする。

フォーマ「僕は大丈夫だよ」

雨粒がビニール傘を激しく打ちつけ始める。

雨足はどんどん強くなり、傘を伝う水滴が、肩を濡らした…―。

○○「くしゅっ……」

○○は、小さく体を震わせてくしゃみをした。

フォーマ「○○、大丈夫か?」

(寒いのに、我慢していたんだ)

(それなのに、○○は僕のことを心配してくれて……)

彼女の優しさをひしひしと感じながら、雨宿りができる場所を探す。

やがて、少し離れたところに、屋根のついたバス停を見つけた。

フォーマ「あそこで少し、雨をしのごう」

僕と○○は、急いでその場所へ駆けて行く。

……

バス停には二人きり…―。

フォーマ「……」

(静かだ……)

静寂が僕らを包み込んでいた。

(今日は、楽しかった……)

(また誘ったら、○○はきてくれるかな?)

(……そもそも、○○は今日楽しんでくれたのだろうか?)

雨音と共に、不安が押し寄せてくる…―。

(勇気を出して……聞いてみよう)

フォーマ「……久しぶりに日常を忘れられたよ。ありがとう、○○」

焦って早口になりそうなのを抑えながら、僕は彼女の目を見つめた。

○○「そんな、私こそ……」

フォーマ「○○と一緒にいると、心から楽しいと思える。 また、誘ってもいいか?」

彼女の瞳が、戸惑ったように揺れている。

返事を待つ時間を、すごく長く感じた…―。

(やっぱり、嫌かな……)

フォーマ「ダメ……か?」

○○「ダメなわけ……ない」

(○○……)

僕の心を映したかのように、雨は弱まり空が明るくなってきた。

○○「このくらいの雨なら、そろそろ歩いても大丈夫そう」

○○は、屋根から出て行こうとする。

フォーマ「……!」

(まだ、このままでいたい)

(もっと、君とこの瞬間を……)

僕は夢中で駆けだして…―。

フォーマ「待てよ!」

自分でも驚くぐらいに、彼女の手を強引に掴まえ抱き寄せていた。

○○「……!」

フォーマ「あ……」

(こんな大胆なことをしたのは初めてだ)

(顔が……熱い……)

(僕は、今どんな顔をしているんだろう?)

何かいい言い訳がないだろうかと考えるが、なかなか思いつかない。

(そうだな……)

フォーマ「……眼鏡が濡れる」

(って、僕はなんて下手な言い訳を……情けない)

彼女を腕から離して、誤魔化すように上着をかけた。

○○「フォーマ……?」

フォーマ「あ、いや……。 その……眼鏡が濡れるし、君も風邪を引いてはいけない」

(違う、僕が言いたかったのは……)

気持ちを落ち着かせるために、僕は咳払いを一つした。

フォーマ「だから、もう少しここにいないか?」

(言えた……言ってしまった)

僕の上着の中で、○○がうつむいている。

彼女の表情がよく見えない。

不安が押し寄せ、息をするのも苦しくなってくる。

(やっぱり、少し強引だったかな……)

後悔に押しつぶされそうになっていた時…―。

○○「……うん」

彼女が照れ臭そうにつぶやいた。

フォーマ「……!」

次の瞬間…―。

僕は衝動的に彼女を強く抱きしめていた。

優しい雨は、リズムよく地面を叩く。

それはまるで、僕らを祝福する曲を奏でているかのように思えた…―。

おわり

<<月最終話



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする