第4話 桜餅

画材屋を出た私達は、山に向かって歩き出した。

道行く人々はみな、冷たい風から身を守るように背を丸めている。

〇〇「寒くなってきましたね」

楓「そうだね。もう少しで着くよ。 そうだ。その前に、あそこで休んでいかない?」

楓さんが指さした先には、茶屋ののれんが揺れていた。

……

〇〇「わぁ、かわいい」

目の前に置かれた桜餅を見て、思わず声を上げる。

ころんと丸い桜餅をそっと手に取って鼻先を近づけると、ほんのりと甘い香りが漂った。

〇〇「……桜の香りがしますね」

探し求めていた桜を身近に感じ、なんだか食べるのがもったいないと思っていると……

楓「……俺が食べさせてあげようか」

〇〇「えっ!」

楓「もったいなくて食べられないんでしょ?」

〇〇「いえ、食べられます……!」

そう言って口をつけようとしたその時、手にしていた桜餅を楓さんに奪われた。

〇〇「あ……」

楓「ほら、そのまま口を開けて」

楓さんの長い指に納まった桜餅は、より小さく見える。

〇〇「いえ……」

楓「早く……」

瞳に少年のような輝きを湛える楓さんの顔が、私の顔に少しずつ近づいてきた。

恥じらいながらも口を小さく開けると、柔らかい桜餅が唇に触れ……

楓「もう少し口を開かないと、食べらないよ?」

楓さんは目を細めて私を見つめる。

(絶対に楽しんでる……)

思い切って口を大きく開け、一口かじると……

餡のほのかな甘さが口いっぱいに広がった。

楓「どう、おいしい?」

〇〇「……おいしいです」

楓「そう、それはよかった」

楓さんは意地悪な笑みを浮かべると、残りの桜餅を口にする。

楓「ああ、本当だ。おいしいね」

彼は目を閉じ、じっくりとその味を楽しんでいた。

思わず楓さんを見つめてしまった時、目を開けた彼と視線が絡み合う。

楓「……」

〇〇「楓さん……?」

楓さんは答えることなく、じっと私の顔を見つめている。

すると次の瞬間、彼の長い指が私の唇に伸ばされた。

(え……?)

指先がゆっくりと唇をなぞる。

〇〇「あ、あの……」

楓「唇に餡がついてたよ」

楓さんはぺろりと、その指から餡を舐めとった。

〇〇「……!」

頬が一気に熱くなる。

楓「ふふ……また顔を赤くして」

〇〇「……そ、そんなこと」

楓さんは満足気に微笑みながら、二個目の桜餅を手に取ったのだった…-。

<<第3話||第5話>>