第3話 桜の花弁

昼食時を迎え、街にはいい匂いが漂い始めている。

楓「街の桜はまだ咲いていないけど、山の方なら桜が咲いているかもしれない。 この辺りでは、山の桜の方が早く咲くからね」

〇〇「そうなんですね……」

楓「少し歩くけど、行ってみようか?」

〇〇「行ってみたいです」

満開の桜を思い浮かべながら、楓さんを見上げた。

けれど楓さんは訝しげな顔をしている。

楓「君、俺に合わせてない? 本当にそう思ってる?」

〇〇「もちろんですよ。 桜、とても楽しみです」

そう言う私に、楓さんはいつもより少しだけ穏やかな眼差しを向け……

楓「へえ、そんなに楽しみなんだ。じゃあ、行こうか」

彼は私の背を軽く叩き、歩き出す。

……

楓「あ、ちょっと待って」

しばらく歩いてから、楓さんは画材屋の前で立ち止まった。

楓「最近顔を見せていなかったから、少し寄ってもいい?」

〇〇「はい」

店に入った瞬間、絵の具の独特な香りが鼻をかすめる。

店内には、絵の具や麻紙などが所狭しと置かれていた。

(すごい……)

楓「久しぶり。いい画材、入ってる?」

楓さんは店頭に並んだ絵の具を手にし、店の奥にいた店主さんに話しかけている。

彼を待つ間、私はさまざまな色の染料が並ぶ棚を眺めていた。

すると……

??「ねえ、お姉ちゃん」

不意に呼びかけられ、後ろを振り返る。

するとそこには、お絵かきをしていた二人の男の子の姿があった。

(画材屋さんのお子さん達かな?)

男の子1「お姉ちゃん、桜ってどんな花だっけ?」

〇〇「え……」

男の子が広げている紙を覗き込むと、そこにはチューリップのような花が描かれていた。

男の子2「こんな感じだよね?」

〇〇「少し違うかなぁ……」

男の子2「えっ……?」

男の子は今にも泣き出しそうにうつむいてしまう。

〇〇「あの、よかったら、私が描いてみようか?」

男の子2「本当!?」

目を潤ませた男の子が、ぱっと笑みを浮かべた。

〇〇「えっと……実は絵を描くのってすごく久しぶりで、自信はないんだけど……」

きらきらと輝く二人の目に見つめられながら、桃色の色鉛筆を紙に滑らせる。

〇〇「確かこんな形だったような……」

記憶をたどりながら、ゆっくりと手を動かす。

けれど……

(あれ……うまく描けない)

そこには、頭で考えていた花とは違う形のものが描かれていた。

男の子1「えー、こんなのじゃないよー」

男の子2「うん、違うね~」

子ども達は笑いながら、私が描いた桜を覗き込む。

〇〇「えっと……」

(どうしよう……)

楓「……仕方ないな」

〇〇「え?」

背後から声が聞こえ、振り返ろうとした時…-。

ふわりと、楓さんの腕が私の肩に回された。

大きな手が私の手を包み込み、色鉛筆を動かしていく。

楓「本当に桜を見たことがあるの?」

耳元で楓さんの低い声が響き、胸が高鳴る。

そうして少しの後、楓さんは流れるように桜の花弁を描き上げた。

男の子1「わあ、すごい!」

男の子2「これ、桜だぁ!」

男の子1「ありがとうー!」

楓「どういたしまして」

〇〇「あ、あの」

楓「ん?」

〇〇「手を……」

楓さんに包まれたままの手を見つめ、思わず口ごもる。

すると彼は背後から私を覗き込み、口元に微笑を浮かべた。

楓「どうしたの? 顔が赤いよ」

〇〇「だって……」

楓さんの視線から逃れるように、顔を伏せる。

楓「真っ赤になっちゃって」

楓さんは嬉しそうに声を弾ませた。

楓「わかったよ。今日のところはこれぐらいで許してあげる」

楓さんは私から体を離すと、店主さんと談笑を始める。

(もう……)

私は、熱くなった耳にそっと触れ……

少し落ち着かない気持ちを抱きながら、楓さんの笑い声を聞いていたのだった…-。

<<第2話||第4話>>