第2話 甘酸っぱいチョコの宝石

リドに連れられてやってきたのは、街にある隠れ家のようなカフェだった。

小さな入口とは対照的に、中は広くてとても落ち着いている。

(素敵……)

けれどテーブルについても、リドはメニューを見ようとしない。

〇〇「リド、注文は?」

リド「ああ、それならさっきしたから大丈夫!」

〇〇「え、さっき……?」

リド「あんたは楽しみにして、待ってればいいよ」

その言葉に首を傾げていると、店員さんがトレイを手にやってくる。

テーブルに置かれた皿の中央に鎮座していたのは、チョコレートでできたボールのようなものだった。

〇〇「これは……?」

目を見開く私の前に、湯気の上がるココアが入った器も置かれる。

リド「それ、なんだと思う?」

顔を上げると、リドが瞳を輝かせながら私を見つめていた。

〇〇「……チョコレートケーキ?」

リド「そう見えるだろ? けど、ちょっと違うんだよな。 そのココア、チョコにかけてみて」

〇〇「う、うん……」

リドに促され、恐る恐るココアをチョコレートの上にかけると……

(えっ!)

ボール型のチョコが解けて崩れ始め、中から色とりどりのフルーツとアイスが現れた。

まるで今、きらきらと輝く宝石箱が開けられたみたいで…-。

リド「どうだ? びっくりしただろ?」

〇〇「うん……びっくりした」

驚いて目を見開く私を見て、リドが満足そうに笑う。

リド「この店の新しいメニューで、『エクランシュ』っていうんだ。別名、『チョコの宝石箱』。 待ち合わせ場所に行く途中で看板を見かけてさ。 こういうの、あんたが喜びそうだと思って」

(じゃあ……待ち合わせ場所に遅れてきたのは)

(私のためにこれを用意してくれてたから…-)

〇〇「ありがとう……リド」

嬉しさが込み上げてつぶやきが漏れると、リドが照れたように目を細める。

リド「んじゃ……さっそく、食べてみようぜ!」

〇〇「うん! いただきます」

チョコがかかったアイスとイチゴを、同時に口に含んだ。

口の中に甘酸っぱさと冷たさ、そして温かさが同時に広がる……

〇〇「すごくおいしい……」

リド「よかった!」

私を喜ばせようといろいろ考えてくれたリドを思うと、温かな気持ちになった。

〇〇「リドって、本当にいろいろなお店を知ってるね」

リド「元々、街にはよく遊びに行ってたからさ。 でも最近は、〇〇と行ったら面白そうだなーとか。 〇〇が気に入りそうな食べ物だなーとか。 ついそんなことばっか考えちまってるな、ははっ」

何げなくリドの口からこぼれた言葉に、私の頬は熱くなっていく。

〇〇「それって……」

リド「ん?」

〇〇「私のことを、いつも考えてくれてるってこと……?」

恐る恐る聞いてみると、リドは自分が漏らした言葉の意味に気がついたのか、急に頬を赤く染めた。

リド「は、早く食べないと……アイスが溶けるな」

〇〇「う、うん……」

私も熱くなる頬を自覚しながら、スプーンを口に運ぶ。

リド「食べたら次に行こうぜ」

照れ隠しなのか、私とは目を合わせないままそう言うリドに、くすぐったさを覚えるのだった…-。

<<第1話||第3話>>