第3話 温かな物語

優雅なピアノの音色が響く中…―。

私は、目の前の豪華な食事よりもカゲトラさんが気になっていた。

(カゲトラさんの絵本って、どんな作品なんだろう)

歳の離れた妹のイブキちゃんに微笑む彼を見つめ、想像してみるものの……

(……駄目だ。全然思い浮かばない)

そんなことを思っていると、イブキちゃんと目が合った。

イブキ「おにいちゃんね、マーグレットって名前で、いっぱい絵本かいてるんだよ」

カゲトラ「イブキ」

カゲトラさんは、それ以上言うなという目でイブキちゃんを見る。

イブキちゃんはかわいらしく舌を出して、肩をすくめた。

国王「カゲトラは現在、絵本を専門に執筆していますが……。 以前は私の書くハードボイルド小説に、かなり影響を受けていたのですよ」

(確かにそっちの方が、イメージとは合うような……)

王妃「カゲトラの格好も、その影響なのよ。ふふふ」

○○「そうなんですか?カゲトラさん」

カゲトラ「……まあな」

彼は私と視線を合わせずに、短く答える。

王妃「カゲトラは、さまざまなジャンルの小説を書いていたの。 この国の王子として、幅広い知識を身につけるためにね。 見た目は怖そうだけど、とても頑張り屋さんで、城の皆に慕われているのよ」

誇らしげに微笑む王妃様の横で国王様は何度も頷く。

そんな二人を前に、カゲトラさんは気まずそうな顔をしながら水を飲んでいた。

(でも、どうして絵本を描くようになったんだろう?)

疑問に思っていると、カゲトラさんが静かに立ち上がった。

カゲトラ「……来い」

○○「えっ?」

カゲトラ「たいしたものはないが、城を案内してやる」

○○「……あ、はい」

イブキ「まって。私、もっとおねえちゃんと遊びたい!」

(イブキちゃん……)

カゲトラ「だがイブキ、お前はそろそろ……」

イブキ「ねえ、おねえちゃん、イブキのお部屋で絵本読んでよ。おにいちゃんの絵本」

イブキちゃんは私の手を掴んで目を輝かせている。

○○「うん、いいよ。カゲトラさんいいですか?」

カゲトラ「……○○がいいなら、俺は別に……」

カゲトラさんは、嬉しそうに笑うイブキちゃんに目を細めた。

私はイブキちゃんと手を繋いで、彼女の部屋へと向かう。

……

私はイブキちゃんの部屋で、カゲトラさんが描いた絵本の読み聞かせをしていた。

○○「『青い鳥は、流れる星の中を飛び続けました』『そうして青い鳥が捕まえた流れ星を、お友達の熊はいつまでもいつまでも大切にしたのでした』」

(『ふたりのながれぼし』、素敵な絵本だな……)

温かい気持ちで本を閉じると、私の横でイブキちゃんが小さな寝息を立てている。

(いつの間にか寝ちゃってたんだ……)

眠るイブキちゃんに、カゲトラさんがタオルケットをかけた。

○○「……私、マーグレットさんのファンになりました」

カゲトラ「お世辞はいい。大人にはつまんねえだろ」

○○「お世辞なんかじゃありません。こんなに温かい気持ちになれるお話は初めてです」

カゲトラ「……やめろ。面と向かって言われるのは慣れてねえ」

カゲトラさんは照れたように頬を緩め、うつむいた。

カゲトラ「俺の絵本は子どもや、そいつらの親には好評みたいだが……。 それ以外には『ご都合感満載の所詮は子ども騙しの作品』って言われてる」

自嘲気味に笑うカゲトラさんに、胸が痛む。

○○「そんなこと…―」

私の言葉は、突然響いたノックの音に掻き消された。

カゲトラ「ああ。先生が来たみたいだな」

○○「先生?」

カゲトラ「イブキの主治医だよ」

(え……?)

その言葉に、私の心臓がどくんと音を立てた…―。

<<第2話||第4話>>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする