第1話 気だるげな猫との再会

幻惑の国・ロトリア 宙の月…―。

収穫祭への招待を受けた私は、賑わうロトリアの街へ足を運んでいた。

ーーーーー

ペルラ「へぇ……きみも収穫祭に招待されたんだ。 外出とか、面倒だよね……」

ーーーーー

(ペルラさん……ため息吐いてたけど、ちゃんと来てくれるかな)

かわいい飾りつけや漂うお菓子の匂いに心躍らせながら、私は宝石の国・マルガリタの王子であるペルラさんを待っていた。

ペルラ「あれ……早いね。待たせちゃった?」

○○「ペルラさん!」

久しぶりに会うペルラさんは、相変わらずとても端正な顔立ちをしている。

けれど……

(すごくかわいい……)

今回のための仮装なのか、猫耳がついた衣装を着るペルラさんに、目を奪われる。

くたりと曲がっている右耳が、いかにも気だるげで……

ペルラ「なんか、この服着るのに手間取っちゃって……ああ、思い出すだけでも面倒」

ペルラさんは相変わらずな様子で、短くため息を吐く。

ペルラの従者「お待たせしてしまい、大変申し訳ありません」

○○「いえ。私が早く来ただけですから、気にしないでください」

申し訳なさそうにしている従者さんに、慌てて返事をすると……

ペルラ「うん、じゃあ気にしない」

ペルラさんはそう言いながら、あくびを噛み殺した。

○○「ペルラさんも、パレードには出席するんですよね?」

ペルラ「うん……面倒だけどね」

○○「よかったです。ペルラさんのその格好、すごくかわいいですし……。 一緒に参加できて嬉しいです」

ペルラ「……そう?」

耳を触る仕草がまるで本物の猫みたいで、思わず笑みがこぼれる。

(けど、やっぱりあまり乗り気じゃないみたい?)

(せっかくなら、ペルラさんにも楽しんでもらいたいけど……)

少し考えた後、私は思い切って彼に声をかける。

○○「今日これから、少し街を見て回りませんか? 仮装している皆さんや、街の飾りつけを見るだけでも楽しいと思いますよ」

ペルラ「仮装かぁ……」

ペルラさんが目を閉じ、わずかに考え込むような素振りを見せる。

(やっぱり、嫌かな……?)

すると…―。

ペルラ「うーん……まぁ、きみが一緒なら別にいいよ」

少し面倒そうにしながらも、ペルラさんはわずかに口角を上げながら答えてくれたのだった…―。

第2話>>